すもーるわーるど

クシュン!

くしゃみが急に出た。

鼻水が出そう。

そこで、ティッシュを一枚引き抜き。

チーン

しかし、出なかった。

そのままティッシュをポイ。

と思ったのですが、重さがないので投げ捨てられない。

今、寝転んで勉強中。

そのティッシュを脇においていました。

後で捨てるか~

そのまま放置。

時間が流れ、お腹が空いてきました。

カレーを食べに行くことに決定。

そのまま外へ。

空腹を満たし、また勉強再開。

ふと、横を見ると、小さな虫が。

その虫は、シャーペンの芯の先ほどの小さな黒い虫です。

なんだ?この虫。

たぶん、外からつれてきたのだろう。

そこで、殺虫剤攻撃!

とも考えたのだが、別に、害がある虫にも見えず、そのまま放置。

必死に歩いている。

私から逃げているのか?

目的地は、さっき放置したティッシュのようだ。

ま~、別に見ていても面白くないので、勉強再開。

あ~、難しい。

かなり時間が経ち、何気なくティッシュに目をやりました。

すると、先ほどの小さな虫が、ティッシュの上を走り回っています。

ティッシュの端までその虫がたどり着きました。

どうするかと見ていると、Uターン。

また反対側に向かって歩いていきます。

私にとっては、小さなスペース。

なんせ、四つ折にしたティッシュなんで。

でも、小さな虫にとっては、広大なスペース。

そんな虫から見たら、私など、大きすぎるのでしょう。

じーと見ていても、その小さな虫はお構いなしに、ティッシュの反対側にまっしぐら。

何が楽しいのか・・・

早くそのティッシュを捨てたいのだか、虫がいるので捨てられず。

別に怖いって訳ではありません。

そのままゴミ箱に入れると、罪もない虫を、死刑台に送るようなもの。

ま~、そのうちどこかに行くだろう。

なんせ、私のアパートは、ぼろいので隙間だらけ。

小さな虫などフリーパス。

そして時間が流れ、次の日。

つまり、日曜日の午後9時半。

まだその虫は、ティッシュにいます。

今は、かすかに風が部屋を流れています。

とてもすごしやすいです。

でも、虫にとっては、寒いのかも?

虫は、じーッとしています。

なんか、その名前もわからない虫に愛着がわいてきました。

なんか、その虫を見ていると、孫悟空を思い出しました。

孫悟空が、お釈迦様の手のひらで必死に逃げようとしているシーンです。

まさに、その虫にっては、そんな感じでしょう。

必死に動いているスペースは、実はごみの上。

その虫の運命は、私の気持ちしだい。

う~ん・・・

もしかしたら、私たち人間も、この虫と同じかも?

私たちにとっては、広大な宇宙ですが、実は・・・

そして、その者の気持ちによって、私たちの運命も左右されているのかも。

もし、そうなら、その人の気持ちが心変わりしないことを願います。

おや、また小さな虫がティッシュの上を動いています。

いったい、何の目的のために?

そういえば、私たちは、何のために生きているのだろうか。

小さな虫の行動を見て笑っている私ですが、実はその虫と同じようなもの。

案外、生きているって事が目的なんですかね~

答えになってないな~

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク