ほのぼの?ドイツで100足以上の靴泥棒、犯人は母キツネと判明

ドイツのある小さな町で、靴泥棒の事件があったそうです。

その犯人は、きつねだったとか。

目的は、こぎつねのおもちゃだったようです。

なんか、ほのぼのしますね~

なんせ、この記事の前に、

埼玉県で高齢者の万引きが急増しているってニュースを見ていたので。

やっぱり、生活に困っての犯行?

って思ったのですが、どうも違うようです。

ま~、モラルの低下ってやつみたいです。

それに比べたら、今回の事件のほほえましい事。

さて、事件になるくらいの事です。

そんなにたくさんの靴を盗んだの?

どうも、100足以上だとか。

なぜ、そんなにたくさん。

こぎつねのおもちゃなら、数足で足りると思うのですが・・・

人間には、いろいろな趣味の人がいます。

フェチってやつですか?

もし人間ら、靴フェチって言われていたでしょう。

でも、100足以上となると、このきつねも

靴フェチ?

と言われても仕方ないですね。

ドイツで100足以上の靴泥棒、犯人は母キツネと判明

ドイツ西部の小さな町、Foehrenで100足以上の靴が盗まれる事件があり、その犯人が1匹のキツネだったことが分かった。地元の警察当局が12日に明らかにした。

森林作業員がキツネの巣近くにころがっていた靴を偶然発見。さらに巣穴の中からは、最近盗まれた靴も見つかった。

地元警察のスポークスマンは、「婦人靴からスニーカーまであらゆる種類の靴があり、これまでのところ110─120足が見つかった。母キツネが子どもの遊び道具にと盗んだようだ」と話している。

盗まれた靴の多くはひもがなくなっていたが、ほとんどが状態も良く、持主は喜んで回収する意向だという。

ドイツで100足以上の靴泥棒、犯人は母キツネと判明 | 世界のこぼれ話 | Reuters

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク