悪は滅びる

会社の移転計画が現実になり、不満たらたらの日々。

なんせ、通勤時間が倍になるので・・・

そんな中、昔働いていた会社の事が、ふっと頭に浮かんだ。

あの会社どうなったのだろう?

今は、会社でホームページを作っているところがたくさんある。

以前に、その会社を調べてみると、やはりホームページを作っていた。

そこには、某元有名○○と一緒に映った画像等があった。

この某元有名○○だが、たいていの人は、一度は名前を聞いたことがあると思う。

最初は、この人に対してとてもいいイメージでした。

[都合により削除]

[都合により削除]

でも、その会社のイメージキャラクターになっている事を知ってから、その人が嫌いになりました。

金さえもらえれば、なんでもやるのか~って感じです。

ここまで書くと、誰の事かとわかると思いますが、とりあえず伏せておきます。

さて、その会社ですが、このネックレスをすると健康になる!ッて感じの商品を扱っています。

以前に、同じような商品が問題になった事があります。

どんな問題?

想像はつくと思います。

ネックレスをしたぐらいで、健康になるか!ッてことです。

その問題のときに、その会社も話題に上がる事を期待したのですが・・・

残念です。

悪運の強いやつらめ~~

ここまで読むとわかると思いますが・・・

早い話、とても怪しい会社です。

その会社は、職安で見て面接に行きました。

求人表を見ると、従業員0人。

社長ともう一人の役員って感じの構成でした。

でも、実際、面接に行って見ると違いました。

そのときは、従業員が5~6人いたと記憶しています。

では、なぜ、求人票には0人?

実は、従業員がいる場合、各種保険に入らなければなりません。

もし入らなければ、職安で求人が出せないのです。

で、その事を面接時に聞くと、社員となったら加入するとのこと。

もちろん、嘘でした。

入社してから、そのことを聞くと、

会社に金がない!

ずっばと切り捨てられました。

そう言いつつも、毎日、社長たちは、会社の金で宴会をしていました。

鬼のような経営者です。

ま~、これくらいなら、普通にあるかもしれません。

私が鬼だと思ったのは・・・

ある従業員が脳卒中で倒れました。

ま~、いい加減な会社です。

労働基準法など、宇宙のかなたの、たわごとのように考えている人たちです。

過労のため、倒れたのでしょう。

そこで、社長が見舞いに行ったほうが良いのでは?ッてことになりました。

すると、社長は、

関係ないも~ん。

いやだよ~

って言いやがりました。

まさか、悪魔をこの目で見ることになるとは思いませんでした。

この世に、神はいないが、悪魔がいることは事実です。

物語では、悪は滅びます。

では、実際はどうでしょうか?

あるとき、金がらみで、会社創業時にがんばってきた人と社長がもめました。

そのほか、いろいろな不満のくすぶりはありました。

結局、そんな人たちは、独立や退職と言う形で会社を去ることになりました。

その時に、私もその会社を辞めました。

その会社を辞めていった人たちは、暴言を履き捨てるようにして去っていきました。

もちろん、私もその一人です。

普通、会社を辞めるときは、寂しい気持ちになったりするものです。

しかし、私は、この世の幸せを独占したような気持ちでやめました。

人生最大の笑顔だったかもしれません。

たぶん、こんな会社すぐにつぶれるだろう・・・

と思っていたのですが、さらに会社は急成長って感じでした。

なんと、念願のビルを建てました。

ビルには、あのイメージキャラクターの垂れ幕がさがっています。

外から見れば、かなり順調見えます。

でも、たぶん、内部は借金だらけでしょう。

なぜなら、私がいたころから、外部にはいいかっこしていたからです。

そのため、売り上げは伸びているのに、資金繰りが苦しいって状態が常に続いていました。

早くつぶれてしまえ、世のために・・・

そう思いつつ、今まで忘れていました。

今回、ネットでその会社を検索すると、それに関するホームページすべてが表示されません。

やった~~~倒産だ~~~

沈んだ気分も少しよくなりました。

そして、本日、その会社を見に行って見ました。

とぼとぼ歩く事、一時間。

やっと、その会社の前に。

私の予想としては、そのビルの看板がはずされている事を期待しました。

でも、まだ残っています。

次に、入り口に、破産の告知の紙が張られている事を期待しました。

でも、それもありませんでした。

う~ん、本当に倒産したのかな~

そういえば、その会社の前の建物に、関連会社がありました。

そこは、すでに店舗募集の張り紙が・・・

やっぱり倒産したのだろう。

なんか、釈然としません。

また数ヵ月後に、その場に行ってみようと思います。

今度こそ、そのビルの看板がはずされている事を期待します。

悪が滅びる事を期待しつつ・・・・

p.s.

一部削除しました。

たぶん、これを読むと、その会社の人は私だとわかるからです。

名誉毀損で訴えられる可能性もない事もない。

やっぱり、権力を使われると怖いもんで・・・

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. コマメ より:

    >労働者の機嫌を取らなければ、労働者いなくなっちゃう

    これに関しては、ネット販売でよくあります。
    経営者で、パソコンを苦手としている人はたくさんいます。
    そのため、マスゴミのいい加減な情報を鵜呑みにします。
    たとえば、ネット販売は楽に儲かる等。
    実際は、そんなことありません。
    でも、従業員の言う事より、マスゴミを信じます。
    そのため、売り上げを上げても、それほど恩恵を受けられません。
    逆に、素人考えで、あれこれ言います。
    そうなると、やる気をなくしたり、場合によっては辞める事になります。
    実際に、成功しているネットショップで、従業員が辞めたので閉店ってケースを多々聞いたことがあります。

  2. SA より:

    労働手段を提供しているのだから、経営者は当然の収益はもらうんでしょうね〜
    でも、その会社がすべての経営者だったら、労働者の機嫌を取らなければ、労働者いなくなっちゃう(・・;)

    経営者にも労働者にもなれるけど、3桁ほど違うお金の心配をしなければならないと思うと・・・それも大変かもね

    まあ、いずれにしても、宝くじよりは、すべてにおいてましか・・・
    (^^)

  3. コマメ より:

    >ヤレヤレ(´▽`)

    これって、労働者側から見た意見ですよね?
    昔は、サラリーマンは気楽な商売って言われていた時代もあるようです。
    しかし、今は、何かあると経営者より、労働者側に不利益が先に来ます。
    【例】
    会社の業績が悪い
    経営者の給料→そのまま 労働者→減給または解雇

    会社の業績が良い
    経営者の給料→うはうは 労働者→そのまま

    このように、労働者は安定と言う幻想のために、それに見合わないリスクを負うことになります。

    そこで、

    そんなのいやだ~~~~~~~

    って事で、会社を作って、労働者をこき使ってやろうとたくらんでいます。

    今の時代、どちら側にもなれます。
    昔なら、身分制度など、不可能な要因がありました。
    それでも、まだまだ難しい面はあります。
    たとえば、それに対する情報等。
    でも、これって、宝くじに当たるよりは確率が高いのでは?
    やってやるぞ~~~(いつになるやら・・・)

  4. SA より:

    会社が倒産しても、社長はどこかでまたうまい事やっていて・・・という
    パターンですか(^^;)
    株式会社の場合は有限責任ですから倒産しても、社長はその職がなくなる
    だけですからね・・・
    ヤレヤレ(´▽`)