もっと捨ててくれ!グーグル追撃へ「捨て身戦術」=主力ソフト無償化、広告増収狙いも-米MS

マイクロソフトは、次回の統合ソフト「オフィス」の簡易版を、インターネット経由で無償提供する戦略を発表したそうです。

わ~い、無料だ~

貧乏人にとって、これほどうれしい事はありません。

エクセルなどが入った、オフィスが無料で使えるぞ~

でも、ただほど高いものは無いとも言います。

しかし、インターネット経由ってどういうこと?

まさか、プログラムをダウンロードして使うって事?

これじゃ~、配布方法が違うだけで、今までと変わりないようですが・・・

よくわからないので、他の記事も読んでみました。

すると、どうも、ネット経由で利用するようです。

ネット経由?

わかりにくい部分だと思います。

ま~、私が今利用している、ブログと同じようなものかな?

私は、いま、ワープロのような入力画面で、このブログを更新しています。

でも、ワープロソフトを使っているわけではありません。

インターネットをしています。

う~ん、説明難しいな~

私は、このブログの管理画面のアドレスにアクセスしています。

そのアクセス先には、ワープロみたいなプログラムが置いてあります。

そして、画面に文字を入力して、保存ボタンを押すと、そのデータがサーバーに送られ、それに対するデータが送られてきます。

それを連続してすると、まるで、自分のパソコンの中のワープロソフトを使っているような感じになります。

ちょっと、説明間違っているかな~

さて、利用料がただなので、とてもいいことのような・・・

でも、問題があります。

このブログの説明でも書きましたが、データは相手に送られ、それに対する答えが返ってきます。

つまり、重要な情報は、すべてマイクロソフトに送られると言う事です。

だから、その気になれば、利用者の情報を見ることができるということです。

おそろし~

もし、情報を知られたくなければ、今までどおりソフトを買う必要があるかも。

これも戦略?

また、インターネットがなければ使えません。

インターネットも、まだ完璧とはいえません。

このブログも、更新途中で、インターネットの通信状況が悪くなる事があります。

そんな時、ブログを更新していて、パーになったこともあります。

なんか不安。

でも、今は、エクセルなどの互換ソフトも出ています。

ものによったら、ただで利用できます。

これは、今回のような情報を盗み見られる事はないでしょう。

企業である以上、儲けなければいけません。

そんな企業が、ただで提供する。

何か裏があるのでは?

やっぱり、ただほど高いものは無いかもしれませんね~

グーグル追撃へ「捨て身戦術」=主力ソフト無償化、広告増収狙いも-米MS

米マイクロソフトは13日、統合ソフト「オフィス」次期製品の簡易版をインターネット経由で無償提供する戦略を発表した。無償化でユーザーをつなぎ止め、利用件数の拡大をテコに広告戦略と連動させるのが狙い。ネット広告で最大手グーグルの後塵(こうじん)を拝しているMSが本格的な巻き返しに出た形だが、売り上げの3割近くを占める主力製品だけに、減収リスクを冒す「捨て身の戦術」(業界アナリスト)との見方も強い。
MSがドル箱商品の無償化に踏み切るのは、ライバルのグーグルなどが基本ソフト(OS)の無償供与などを相次ぎ打ち出し、「顧客流出懸念を座視できなくなった」(同)ためだ。
表計算「エクセル」や文書作成「ワード」などで構成されるオフィスは、1995年に実質的な初版を発売以来、OS「ウィンドウズ」同様、組み込み済みのパソコンを購入するか、店頭で別途購入する手法が定着している。次期製品でも従来の販売手法を踏襲するが、ウェブ版の簡易サービスは「一般利用者なら十分満足できる水準」(関係者)との指摘がある。
グーグル追撃へ「捨て身戦術」=主力ソフト無償化、広告増収狙いも-米MS(時事通信) – Yahoo!ニュース

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク