さすがに遠慮します?ベトナム戦争時代の缶詰ケーキ開封 米陸軍兵の退役記念

アメリカで、退役を迎えた兵士が、36年前に支給されたパウンドケーキの缶詰を開ける「式典」を行ったそうです。

このパウンドケーキは、ベトナム戦争に従軍していた1973年に支給されたものだそうです。

缶詰だからとはいえ、そんな昔のものが食べられるの?

食べた人の感想は、「いいね、まだしっとりしている」だとか・・・

貧乏人の私ですが、これはさすがに遠慮したいです。

私も、よく、賞味期限切れの食品にチャレンジします。

たいていは、ノックアウトです。

貧乏人の場合、最初に削るのが食費です。

だから、食べるものは、安いものを求めます。

スーパーでは、賞味期限が近づくと安くなります。

半額シール。

私には、魔法のシールです。

それが貼ってあると、普段は贅沢なケーキなども買ってしまうことがあります。

ルンルン気分で持ち帰り、そのまま袋のまま入れて、棚においておきます。

お風呂上りに食べよう。

ところが、普段食べない贅沢品。

すっかり、忘れてしまいます。

思い出すのは、次の朝。

でも、朝からケーキは食べられません。

私も年をとったものです。

だから、仕事から帰ってからになります。

ちなみに、私は冷蔵庫を持っていません。

もちろん、食べ物を捨てるなんてできません。

その日は、ケーキが気になって仕事が手につきません。

もちろん、いつも仕事は手につきませんが、それがさらにパワーアップ。

そして、帰宅。

ケーキを手に取り。

大丈夫だろうか・・・・

ちょっと不安。

でも、チャレンジ。

ケーキにはジュース。

そこでジュースを買いに。

普段味わえない組み合わせです。

その結果。

腹痛。

原因は、ケーキなのか?たらふく飲んだジュースか?

トイレに何度も行く羽目に。

強制ダイエットの始まりです。

いつもは、これで大体直るのですが・・・

何度かに一度強力なのが。

情けない。

同じ事を何度も、学習能力がありません。

そして、薬局へ。

薬も安くありません。

もし、この薬代でケーキを買えば。

パックに入ったショートケーキを3回ぐらい買えます。

いつも、その事を後悔しながら、同じ事何度も。

すべて、貧乏が悪いのです。

ベトナム戦争時代の缶詰ケーキ開封 米陸軍兵の退役記念

ワシントン(CNN) 米陸軍で退役を迎えた兵士が24日、国防総省で開かれた退任式で、36年前に支給されたパウンドケーキの缶詰を開ける「式典」を行った。

パウンドケーキは陸軍のヘンリ・モーク大佐がベトナム戦争に従軍していた1973年に支給されたもので、退役したら記念に開けようと、大事に取っておいたという。ケーキが大好きだったというモーク氏は「チャンスがあれば食べてしまおうと思ったが、食事にケーキがついてくることはめったになかった」と振り返る。

友人や家族が注目する中、年代物の「P38」缶切りを使って缶を開けたモーク氏は、「もし腐って真っ黒になっていたら食べない」と話していたが、中から出てきたのは、まだ食べられる状態の黄色いケーキ。

本物の退役記念ケーキカット用に用意されたナイフを使って缶入りケーキをカットし、口に運んだモーク氏は「いいね、まだしっとりしている」と親指を立てて見せた。

ベトナム戦争時代の缶詰ケーキ開封 米陸軍兵の退役記念(CNN.co.jp) – Yahoo!ニュース

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. コマメ より:

    >才能(?)かも・・・

    いえ、環境(貧乏)です。
    (T_T)

  2. SA より:

    生まれつき、少々の怪しい食べ物も平気で食べれるのは、才能(?)かも・・・
    (・・;)orz