私は心配ない?自分のブログ 死んだらどうなる? 訪問絶えぬ“墓碑”も

人間なんて、いつ死ぬかわかりません。

若いから大丈夫!

なんていっていると、車とタイマン勝負して負けたり。

乗っている飛行機が、特別サービスの、ジェットコースター気分を味わわせてくれたりと。

何があるわかりません。

そんな、急に、この世とおさらばすると・・・

あれ処分しなければ!

なんて未練が残ると、幽霊になるかも?

処分しなければいけないもので、思い浮かぶものが、日記。

日記~

いまどき、日記なんてつけている人なんていないよ~

なんて思うかもしれません。

確かに、昔ながらの、日記帳に書くスタイルはあまりないでしょう。

でも、形を変えて、日記は存在します。

それは・・・

ブログ。

そう、この、まさにあなたが今読んでいる、ブログ等も日記では?

ま~、ブログの場合、日記と違って、他人が読むことを想像しています。

だから、日記と違って、あまりこっぱずかしい事は書いていないでしょう?

いや、匿名だからと言う事で、もっと恥ずかしい事を書いている場合も。

さて、ブログやSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)の日記はどうなるの?

誰かが、削除の依頼をしなければ、残り続けるそうです。

だから、有名人のブログなどは、死後もファンの書き込みがたえないとか。

う~ん、まるで、形を変えたお墓参りみたい。

さて、私の場合、どうでしょうか?

その点は心配ありません。

もし、この後、すぐにテルテル坊主のマネをしても、1年以内にこのブログは消えます。

誰かが、削除依頼するとか?

自慢ではありませんが、私にはそんな人はいません!(断言)

では、なぜ?

私の場合、このブログは、自前で用意しています。

そのため、ドメイン名やサーバー代は自腹。

だから、もし、私が死んじゃうと、その料金を払う人がいなくなります。

そうなると、サービスが停止となります。

これで、何も心配せずに、テルテル坊主のマネがいつでもできるな~

自分のブログ 死んだらどうなる? 訪問絶えぬ“墓碑”も

自分がこの世を去ったら、日々更新しているブログやSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)の日記はどうなるのか-。サービス業者によると、たいていは誰かが削除の依頼をしなければ、残り続けることになるという。書き込みが死後も消えないのは複雑な気持ちだが、残ることで訪問者が絶えない“墓碑”のような存在のブログもある。「お盆だから、亡くなったあの人の書き込みを見てみよう」。そんな時代が来るかもしれない。(森浩)

ブログで闘病生活公開 「大切に生きよう」励まし合い、気力も充実

「自分が死ぬと、この愚痴の数々はどうなるのか」。東京都内の男性会社員(32)は、自分のブログを見ながらふと思った。「妻や会社の愚痴をつづっているSNSは『死んだら消してくれ』と、家族や同僚に頼むわけにもいかない」

SNSやブログなどのサービス業者の多くは、利用者が死亡した場合、「依頼があれば削除する」というスタンスだ。SNS大手「mixi」(ミクシィ)は「遺族からの連絡で、削除するケースもある。一定期間更新がないからと言って、こちらから削除することはない」と説明する。

故人がどんなブログを書いているか、家族が知らなかった場合、サービスが継続される限り、記述がネット上に残ることになるというわけだ。

◆コメント1万超え

一方、「生きた証し」としてブログが注目される例もある。

「カオリにファンの方が、気持ちを伝えられる場として残しています」

7月28日、乳がんのため死去したミュージシャン、川村カオリさんのブログ「川村カオリの調子はいいんだけど…。」は今も削除されていない。訪問者が絶えることはなく、死亡を伝えるエントリへのコメントは1万2千以上もある。

所属事務所は「ファンのために」と存続を決めた。「思った以上に訪問者が多く、当面は存続させる方針」という。

◆生きた証し残す

肺がんで「余命2年」と宣告され、平成17年に死亡したライター、奥山貴宏さんのブログ「32歳ガン漂流 エヴォリューション」も死後4年が経過した現在も存続し、コメントが絶えない。

「死にたくないな」で始まる奥山さん自身の最後の書き込みへのコメント数は650件を超えている。

現在のブログを管理するのは、生前の奥山さんと交流があった編集者ら。担当者は「お墓がネット上にあるようなものです。彼が生きた証しを残すことは意義があると考えました」と語る。

総務省の推計によると、今年1月末のブログの登録者数は2695万人で、SNSの登録者数は7134万人。のべ1億人近い国民がサービスを利用していることになる。

インターネットに詳しい関西学院大学の鈴木謙介助教(社会学)は「(サービス会社が)永続するとは限らず、記述が永久に残るということはない。ただ、管理してくれる誰かがいれば、ブログは死者をしのぶ新しい手段になるかもしれない」と話している。

自分のブログ 死んだらどうなる? 訪問絶えぬ“墓碑”も(産経新聞) – Yahoo!ニュース

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク