私は違う?「携帯電話依存」は世界的傾向

朝の、駅のフォームのことです。

まるで、危ない宗教のごとく、みんな携帯をいじっています。

でも、通話している人はいません。

ある調査によると、携帯電話なしには生活できないと感じていることが明らかになったそうです。

でも、日本人には、あまり携帯は必要ないのでは?

だって、交友関係狭いもん。

携帯って、人と話をする道具だよ!

昔、ブラジル人と働いていた事があります。

ブラジル人ですが、日系です。

だから、顔は日本人と同じです。

でも、たまに、ラモスみたいな日本人とは違う顔立ちの人もいたな~

見た目は同じでも、行動が違います。

ブラジル人は、仲間同士集まり、ワイワイやっています。

しかし、日本人は、ぽつんといます。

あつまって、2~3人。

だれかから、声を掛けられるのを待っているようにも見えます。

これらからわかるように、日本人は、人付き合いが下手。

そんな人種に、携帯は不要。

もちろん、私も人付き合いが苦手。

だから、携帯は持っていません。

こんな私ですが、知り合いがたくさんいたことがあります。

その数、数百?

なんせ、こちらはまったく知らないのに、向こうは私を知っているって感じでした。

はじめは、数人の知り合いでした。

面白がって、知り合いを増やしていました。

すると、あるとき、一気に増えました。

そうなると、いろいろな人間が出てきます。

私を通して、異性と仲良くなろうとするやつも。

私のような経験をすることは、あまりないと思います。

で、感じた事。

知り合いがたくさんいても、何の役にも立たない。

それは、自分が困った事に陥るとわかります。

向こうからは、私にいろいろと求めます。

逆に、こちらから助けを要求すると・・・

予想は付くと思います。

きっぱり、それらと切りました。

これに関して、いろいろあるのですが、また次回に。

今の私は、他の人から見れば、孤独に見えるでしょう。

でも、そんなあなたは孤独ではないといえるでしょうか?

人間、生まれてくるのも、死ぬのも一人です。

相手が自分のことを思っているなんて、幻想かもしれませんよ。

実は、それ自体が幻想かも?

「携帯電話依存」は世界的傾向=オンライン調査

調査会社シノベイトが携帯電話ユーザーを対象に実施した調査で、大半のユーザーが携帯電話なしには生活できないと感じていることが明らかになった。

「携帯電話か財布のどちらかを紛失するとすれば」との質問には「財布」を挙げ、携帯電話は「体の一部」のようなものと感じている人も少なくないようだ。

調査は今年6月、11の国と地域でオンラインにより実施。回答した約8000人のうち、3分の2がどこに行くにも携帯電話を持っていくと答え、中でもロシア人とシンガポール人がその割合が最も高かった。

また、回答者の3分の1以上が携帯電話なしで生活できないと感じており、台湾人とシンガポール人が最も多かった。4人に1人が財布よりも携帯電話が大切とも答えている。

さらに、約3分の2の回答者が寝るときも携帯電話を近くに置き、情報を取り逃がすことに不安を感じ、電源を切りたくても切れないとしている。

一方で、37%が自分の携帯電話のすべての機能を理解していないことも明らかになった。

シノベイト台湾支社の責任者ジェニー・チャン氏は「携帯電話は、われわれに安心感と情報を与えてくれる。ときに面と向かってのコミュニケーション以上に、携帯電話はわれわれのコミュニケーションにおいてナンバーワンの手段だ」と語った。

「携帯電話依存」は世界的傾向=オンライン調査 | 世界のこぼれ話 | Reuters

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク