いいんじゃないの?民主新人、自己破産隠し初当選=近畿比例ブロック48位で

衆院選で、自己破産していた人が当選していたようです。

破産で被選挙権が制限されることはないため、議員を辞める考えはないとか。

ま~、別にいいんじゃない。

私は、テレビがないため、情報に疎いです。

そのため、前回の選挙も、気づいたときには終わっていました。

さて、選挙後に、当選した人の過去がいろいろ暴露されているようです。

詳しくは知りませんが・・・

なんせ、電車の中で、隣の人の新聞を盗み見する程度の情報しかないもので。

別に、私としては、過去に何をしようが、これからがんばってくれればいい。

と、思いつつも、ど~せ変わらんだろ~って方が本音。

ところで、今回の人ですが、近畿比例ブロック48位で当選とか。

今回、民主党が圧勝しました。

実際のところ、ここまでとは思いませんでした。

だから、こんな人まで当選するのでしょう。

そういえば、同じような事が過去にあったような。

そう、小泉チルドレンのあの人です。

たいぞう?でしたっけ。

違ったかな?思い出せん。

いや、たいぞうって、お笑いの・・・だっけ?

当選後に発言した事が、ひんしゅくをかったあの人。

私てきには、もろ本音って感じで、ある意味尊敬。

でも、平気で嘘をつく政治の世界ではどうかな?

ま~、あれよりはましかも。

自己破産も経験。

それを教訓に、政治の世界で役立ててほしいです。

な~んて、ココロにもない事をかいちゃったよ。


民主新人、自己破産隠し初当選=近畿比例ブロック48位で

衆院選で比例近畿ブロックから立候補し、初当選した民主党の渡辺義彦氏(53)が12日、大阪市内で記者会見し、自己破産していたことを明らかにした。渡辺氏は、党本部や府連などに破産の事実を伝えておらず、「隠したいという思いがあり、あえて伝えなかった。今思えば言うべきだった」と謝罪した。破産で被選挙権が制限されることはないため、議員を辞める考えはないという。
一方、党本部や府連は同日、渡辺氏から破産の報告を受けたといい、今後の処遇について早急に検討したいとしている。
渡辺氏によると、負債総額は約1億4000万円で、知人の借金の連帯保証人になったことや、父親の借金が原因という。大阪地裁に自己破産の申し立てを行い、3月27日に受理された。
渡辺氏はこれまでに2度参院選に立候補し、落選。今回の衆院選では、比例近畿ブロックで名簿順位48位で当選した。

民主新人、自己破産隠し初当選=近畿比例ブロック48位で(時事通信) – Yahoo!ニュース

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク