やってたの?<横浜開国博>入場者数が見込みの約4分の1のまま閉幕

横浜開国博が閉幕したそうです。

えっ!なにそれ?

そんなのやっていたの?

いま、初めて知ったよ。

私と同じ意見の人も多いのでは?

ま~、私の場合、テレビを見ないので、この手の情報には疎いですが。

さて、横浜開国博ですが、入場者数が見込みの四分の一だとか。

ふ~ん、って聞き逃しそうです。

しかし、これに対して、怒りの人もいるのでは?

横浜開国博は、市の補助金約82億円を含む約157億円の予算がかかっているそうです。

早い話、税金の無駄遣い。

あほです。

いまどき、この手のものがはやらないのは常識。

いくら、過去に決まった事とはいえ、時代に合わせて方向転換することも必要ではないでしょうか。

ま~、案外、議員の懐に入るお金が、中止させないのかも。

金の世の中ですからね~

そうでなければ、普通、中止するだろ?

<横浜開国博>入場者数が見込みの約4分の1のまま閉幕

 4月28日に開幕した横浜開港150周年を祝うイベント「開国博Y150」(横浜開港150周年協会主催)が27日、閉幕した。153日間の会期で500万人の有料入場者数を見込んでいたが、約4分の1の約120万人にとどまり、出資した市の責任を問う声が高まりそうだ。

 27日夜に横浜市中区のメーン会場ベイサイドエリアで開かれた閉会式には林文子市長らが参加。最後の入場者らを見送った。

 開国博は市の補助金約82億円を含む約157億円の総予算をかけたが、有料入場者収入は開幕前に見込んだ45億円に対し、8月末段階で24億円にとどまった。市議会などからは会期中に辞任した中田宏・前市長の責任を問う意見、批判が上がっている。

<横浜開国博>入場者数が見込みの約4分の1のまま閉幕(毎日新聞) – Yahoo!ニュース

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク