違いが分からないの?相次ぐ激安品にジーンズ業界悲鳴 顧客離れ加速 製造は中国 恩恵なく

ジーンズ業界が、悲鳴を上げているそうです。

なぜ?

それは、商品が売れないからです。

スーパーが、激安のジーパンを販売しているのが影響しているようです。

ところで、私は貧乏です。

だから、この激安のジーパンを歓迎しています。

うそです。

私は、ユニクロが格安のジーパンを販売するニュースを聞いたとき、いやな気分になりました。

また、まがい物が増える・・・

そして、ジーパンが誤解される。

私は、高校時代、ジーパンが好きでした。

それは、ビンテージがもてはやされる以前の時代です。

かなり昔です。

そのころのお気に入りのメーカーは、Leeでした。

リーバイスの広告で、ジェームスディーンを見たことがあります。

しかし、ジェームスディーンが映画ではいていたのは、Leeだったそうです。

当てにならない、豆知識終わり。

このように、うんちくをたれるぐらい、ジーパンが好きでした。

また、そのころは、デニムを見ただけで、メーカーが分かったぐらいです。

今は、もちろん、そんな目もありません。

でも、安物は今でも分かります。

ジーパンの魅力のひとつに、色落ちがあります。

ジーパンをはいていると、よくこすれる部分だけ、特に色落ちします。

これが、ジーパンの味となります。

しかし、しかし、安物のジーパンはこれがありません。

安物の場合、染めの技術が甘いため、洗濯の度に全体が色落ちします。

そのため、こすれる部分との色落ちの差があまり出ません。

ま~、見た目も、よれってしているので分かります。

早い話、安物は、ジーパンのまがい物です。

そんなものが、安いからという理由で普及すると、これがジーパンだと思われます。

そうなると、ジーパン自体のイメージが下がります。

実に残念です。

相次ぐ激安品にジーンズ業界悲鳴 顧客離れ加速 製造は中国 恩恵なく

 ジーンズ業界が、総合スーパーなどによる激安品の相次ぐ発売に悲鳴を上げている。低価格志向を強める消費者が飛びつき、顧客離れが加速しているためだ。ジーンズメーカーや、ジーンズを主力商品とする衣料品販売会社は、軒並み業績を悪化させている。

 「リーバイス」ブランドを展開するリーバイ・ストラウス・ジャパンが今月発表した平成21年11月期決算の第3四半期までの累計は、売上高が前年同期比19・7%減の約132億円と大きく落ち込んだ。

 カジュアル衣料販売大手のジーンズメイトも先月、平成22年2月期の連結営業損益見通しを従来予想の2000万円の黒字から3億9000万円の赤字に下方修正した。ジーンズメイトの福井三紀夫社長は「激安品に顧客を食われた」と肩を落とす。

 深刻な販売不振を受け、事業縮小の動きも出ている。国内メーカー大手のボブソン(岡山市)は月内にも、「ボブソン」ブランドを企業再生会社に譲渡し、子供服の製造販売に事業を絞る。影響は素材分野にも及び、クラボウはデニム生地の糸を生産する岡山工場を6月末に閉鎖した。

 ジーンズの“価格破壊”を最初に仕掛けたのは、カジュアル衣料店「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングだ。3月に、傘下のユニクロ姉妹店「ジーユー」から990円のプライベートブランド(PB、自主企画)商品を発売した。これに、イオンなど総合スーパー各社が追随し、今月14日には、ディスカウント販売大手のドン・キホーテも最安値となる690円のPB商品を売り出した。

 各社とも大半の商品の製造を人件費の安い中国企業に委託しており、国内メーカーはほとんど恩恵を受けていない。激安品への対抗策として、ジーンズメイトは自らPB商品の発売を検討しているが、価格競争に巻き込まれる懸念はぬぐえない。若者のジーンズ離れもあり、「(販売回復の)特効薬が見当たらない」(福井社長)と、専業メーカーは苦悩を深めている。

相次ぐ激安品にジーンズ業界悲鳴 顧客離れ加速 製造は中国 恩恵なく(産経新聞) – Yahoo!ニュース

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク