やめれば?子ども手当、全額国費で=「地方負担は頭にない」-首相

鳩山由紀夫首相は、子ども手当の財源について、全額国費で負担するのが当然と考えているようです。

いっそ、やめれば~

たしかに、今は少子化です。

子供を増やすためにも、それなりの対策が必要です。

そういえば、最近、会社の人に子供が出来ました。

いろいろとお金がかかるそうです。

だから、手当てがでてれば助かるでしょう。

でも・・・

これって、誰のため。

今、日本は、借金だらけです。

国費となると税金。

その税金も、収入に対して支出の方が多いのでは?

そうなると、国債の発行。

でもこれって、借金です。

で、誰が返すの?

鳩山由紀夫首相の任期中に返せるの?

なわけありません。

返すのは、

手当てが使われる子供です。

借金となると、利息がつきます。

つまり返すころには、もらった金以上に払わなければなりません。

これでは、一見いいことのように見えますが・・・

所詮政治家、やっぱり自分のことしか考えていないのでしょうね~

子ども手当、全額国費で=「地方負担は頭にない」-首相

 鳩山由紀夫首相は20日午後、政府内で意見が割れている子ども手当の財源について「地方に負担させることは今、わたしの頭の中にはありません」と述べ、全額国費で負担するのが当然との認識を示した。遊説先の川崎市内で記者団の質問に答えた。 

子ども手当、全額国費で=「地方負担は頭にない」-首相(時事通信) – Yahoo!ニュース

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク