ガセ?<ネット証券合併>マネックスとオリックス証券 業界2位に

私は、仕事をしているふりをしてネットでニュースを読んだりしています。

そんなときに、このニュースを見つけました。

”マネックスとオリックス証券 業界2位に”

今は株をしていませんが、昔していました。

そして、マネックスに口座に開設を持っています。

しかし、 今まで一度も利用したことがありません。

それなのに、なぜ口座を開設したか?

確かプレゼント目当てだったと思います。

そんなマネックスのニュース。

このニュースの下に、関連ニュースとして、マネックスの報道に対する関連のリンクが・・・

リンクを押すと、マネックスのホームページへ飛びました。

すると、そんな情報はガセ見たい見解が書かれていました。

いったい、誰がそんなガセを流したんだ?

ま~、また無責任なマスゴミの仕業か。

そして、このブログを書いています。

改めて、マネックスホームページへ。

すると、今回の事を承認するようなリンクがあります。

いったいどうなってんだ?

私の勘違いかも。

そこで、朝見たマネックスのホームページの報道を否定するリンクをクリックしました。
するとエラーになるではないですか。

やっぱり、報道は本当のようでした。

それならば、あんな否定するような発表をしなくてもいいのに。

会社としては、正式発表をするまでは認められないのでしょうね。

でも、いったい誰がリークしたのでしょうか?

ま~、大切な秘密ほど、人はしゃべりたくなりますからね~


<ネット証券合併>マネックスとオリックス証券 業界2位に

インターネット証券3位のマネックス証券と同7位のオリックス証券は28日、両社が来年5月に合併すると発表した。合併で営業収益(売上高に相当)はネット証券2位に浮上する。株式市況の低迷の影響などで、ネット証券の経営環境は厳しさを増しており、両社は合併による規模拡大や経営効率化で生き残りを目指す。

両社の合併で、営業収益は単純合算で約320億円(09年3月期)、口座数は約120万件(9月末時点)となり、いずれも業界首位のSBI証券に次ぐ規模になる。他のネット証券の再編にもつながりそうだ。

ネット証券は株式委託手数料が自由化された99年以降、手数料の安さを武器に事業を拡大してきたが、05年をピークに売買代金は頭打ちになっている。今年の夏にはSBIと楽天証券が手数料の最安値争いを繰り広げるなど顧客の囲い込みが激化しており、両社は統合により経営基盤強化を図る。
<ネット証券合併>マネックスとオリックス証券 業界2位に(毎日新聞) – Yahoo!ニュース

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク