いいアイデア?「脱・口下手」プロジェクト進行=立ち乗り二輪車導入-金沢工業大

金沢工業大が、「セグウェイ」を導入したそうです。

セグウェイとは、一時期ニュースにもなっていたので知っていると思いますが、電動二輪車のことです。

あんなので、こけないの?

って思いますが・・・

それはさておき、今回の導入目的です。

普通なら、移動手段なのでは?と思います。

でも違います。

目的は、「コミュニケーションの活発化」だそうです。

なに!

乗り物とコミュニケーション?

一見、まったく接点が無いように思います。

しかし、このようなことのようです。

セグウェイは、まだまだ珍しいです。

人間は、好奇心旺盛です。

その珍しいセグウェイを見ると、乗っている人に話しかけたくなります。

乗っている口下手な人は、いやでも会話しなければなりません。

そうすることによって、会話の練習になります。

さて、これに関して、ほかの人はどう思っているのでしょうか?

このニュースの下には、これに対する感想が書かれていました。

今現在のみんなの意見は、

挨拶なんてものは子供のころからの習慣と一般常識の範囲。
大人になって物に頼らなければ出来ないことのほうが異常。

のようです。

しかし、私は違います。

とてもすばらしいアイデアだと思います。

確かに、みんなの意見はもっともだと思います。

皆さん、前向きですね。

でも、それってすべてあなたの努力結果ですか?

案外、運もあるのでは?

今の私は、無口です。

でも、以前はしゃべりでした。

どれくらいしゃべりかというと・・・

私がしゃぺっていなくても、イメージでしゃべっていると思われていました。

そのため、学生時代は、うるさいとよく注意されました。

でも、何の歯車狂ったのでしょうか?

だんだんしゃべらなくなり、逆にしゃべれなくなってきました。

そういえば、以前、家にこもっていたことがあります。

それも数ヶ月。

その間、一切しゃべりませんでした。

その後、しゃべろうとすると、言葉が口から出ません。

頭の中では、めまぐるしくしゃべるイメージはわくのですが、口から言葉が出ません。

つまり、いつも何気なくしゃべると言う行為も、練習が必要ということです。

確かに、みんなの意見はもっともですが、すでにそのようになった人はどうすればいいのでしょうか?

一度、そのような状態(無口)になって、またしゃべるようになるには努力が必要です。

人間、みな同じようなものです。

なかなかその努力ができません。

その努力を、自分の力だけでは、かなり酷です。

そんな時、セクウェイがあれば、少しはきっかけが増えるのではないでしょうか?

私も口下手なので、セグウェイがほしいです。

でも、私の場合は、移動手段としてセグウェイがほしいです。

だって、今は自転車も持っていないからです。

いつも主な移動手段は徒歩のみ。

ま~、運動不足なので、運動だと思って我慢していますが。

「脱・口下手」プロジェクト進行=立ち乗り二輪車導入-金沢工業大

石川県野々市町の金沢工業大が学内で、立ち乗りの電動二輪車「セグウェイ」を本格的に導入した。しかし、目的は「移動」ではなく、「コミュニケーションの活発化」。同大は「乗ると会話が増える」とするが、効果はいかに?
セグウェイジャパン(横浜市)によると、欧米では警察官やテーマパークの警備スタッフがセグウェイで巡回すると、目立つために人から話し掛けられる機会が増加。長期間乗り続けると、徐々にあいさつや会話に積極的になり、サービス精神や業務意欲が向上する効果が報告されているという。
一方、同大では「キャンパスは社会との接点がないためか、あいさつが少ない。コミュニケーションは非常に苦労している課題」(企画調整課)といい、理系学生の口下手克服に以前から取り組んでいる。
そこで6月、同社のセグウェイ活用プロジェクトに「乗ることで学生間の会話を増やし、コミュニケーションを活性化させる」という計画で応募。採用され7台が寄贈された。
「脱・口下手」プロジェクト進行=立ち乗り二輪車導入-金沢工業大(時事通信) – Yahooニュース

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク