気になる子猫

部屋にいると、猫の鳴き声が聞こえた。

どうも、子猫のようだ。

ちなみに、私は猫好き。

気になる。

窓から、外を見た。

すると、窓の下に、黒い子猫が見えた。

かわいい。

そして、すぐそばに、猫がいる。

親猫のようだ。

さらに、離れたところにも猫がいる。

反対側にも猫がいる。

あちらにもいる。

どうも、近所の野良猫が勢ぞろいのようだ。

中には、始めてみる猫もいる。

どうも、その猫たちも、子猫が気になるようだ。

人間社会では、子供が泣いていても知らないふり。

だって、他人の子供だもの。

でも、猫の世界は違うようだ。

もしかして、ここだけ?

いや違います。

ほかでも、同じような場面に遭遇したことがあります。

子猫が鳴いていると、猫が集まってきます。

さて、そんな猫ですが、その中の1匹と目が合いました。

私は、すかさず目をそらしました。

そして、そーと、またその猫に目をやりました。

まだ、私を見ています。

また、目をそらし、再び、その猫へ。

やはり私を見ています。

いつもは、猫に目をそらされるのですが、今回は逆の立場です。

なんか照れるな~

ところで、子猫ですが、親猫らしき猫が近寄ってきました。

そして、子猫をなめてやると、泣き声がとまりました。

再び、静かな日曜日の午後に戻りました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. SA より:

    ニャンコさんですか・・・(^^)