待ってました?「縦列駐車の完璧な公式を発見」と、英国の数学者

イギリスの数学者が、縦列駐車の完璧な公式を発見したようです。

お~~~

ちなみに、私はペーパードライバーです。

免許を取った頃は、実家に住んでいました。

あの頃は、家の車に乗ったり、妹に車を借りていました。

でも、一人暮らしをしてからは、車を運転することがなくなりました。

それでも、たまに運転してみたくなることがありました。

そんなときは、友達に車を貸してくれるようお願いしてました。

でも、誰も貸してくれません。

ちなみに、妹に車を借りていた頃の話です。

今ほど運転に自信が無かったので、人を引かないよう監視係として、横に乗せて運転したことがあります。

でも、2度と私の運転では乗りたくないと言い放ちました。

なんと失礼な。

そんなこともあり、車に乗ることもだんだん減りました。

今は、一人暮らし。

車を買うなんて、そんな余裕はありません。

それでも、過去に車を買おうかと夢見たことがあります。

車を買うと、駐車場が必要になります。

そこで、家の近くの駐車場代を調べました。

すると、今すんでいるアパートの家賃より高かった記憶があります。

こんな状態なので、車を運転することはもうないかも?

って思っていたのですが・・・

最近、会社が移転しました。

ど田舎に。

そのため、みんなが集まり、車で送り迎えしてもらっています。

でも、みんな忙しいです。

そうなると、免許を持っている私の出番です。

なんたって、私は運転がうまい!

でも、他の人は、そう思ってくれません。

だから、まだ運転の機会がありません。

そんなときに、このニュース。

もしかして、縦列駐車することもあるかも?

そこで気になって、元記事を読みました。

すると、そこには、”駐車できる最も小さなスペースを算出できる”と書いてあります。

そんな物もとめてどうなるの?

こんなことだから、勉強なんて社会に出れば、役に立たないと言われるんだよ!

さて、この公式ですが、中学生程度の学力でわかるそうです。

そうなると、ちょっと気になる。

記事には、その公式が載ったページのアドレスがありました。

こちら。

http://personal.rhul.ac.uk/uhah/058/perfect_parking.pdf

見てみました。

・・・・

英語で書かれている。

また、そこの式にはルートが出てくる。

わからんよ。

もしかして、この公式がわかると、縦列駐車が上手にできるの?

私なら、計算している途中で、車をぶつけると思うけど。

ちなみに、この公式、発見した学者は試していないようです。

人間には、感情があります。

この感情が厄介です。

学問には、その辺は含まれないことが多いです。

世間を知らない学者は、その辺がわかっていない。

だから、学者ほど知らない人はいないかもしれない。

そんな学者に、私の運転と、縦列駐車で教えてあげたいです。

きっと、本当の恐怖を知ることになるでしょう。

ふっふっふっ・・・

「縦列駐車の完璧な公式を発見」と、英国の数学者

ロンドン(CNN) 英ロンドン大学ロイヤル・ホロウェイ・カレッジのサイモン・ブラックバーン数学教授が11日、CNNに対し、「縦列駐車の公式を完璧(かんぺき)な公式を発見した」と語った。この公式を使えば、駐車できる最も小さなスペースを算出できる」としている。

ブラックバーン教授が見つけた公式は、円と三角形の基本的な幾何学を利用したもので、中学生までに習う算数の範囲で理解できるという。前輪駆動の車であれば利用できるが、同教授自身はまだ、試していない。

ブラックバーン教授による詳しい公式は、以下のページ(英語)「http://personal.rhul.ac.uk/uhah/058/perfect_parking.pdf」で公開されている。

英国の成人1000人を対象としたある調査結果によると、57%が車の駐車に自信がなく、縦列終車しなければならなくなった場合は、32%が目的地より遠くなったりより駐車料金がかかったとしても、止めやすい場所を選ぶと回答していた。

「縦列駐車の完璧な公式を発見」と、英国の数学者(CNN.co.jp) – Yahoo!ニュース

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク