こんなニュースを待ってます!家具のニトリ、23年連続で過去最高益更新へ 値下げ・円高が奏功

家具・インテリアチェーンのニトリが、調子いいようです。

どれくらい良いかというと・・・

元記事を、この下にコピペしています。

具体的に数字が書いてあるので、そっちを見てね。

さて、巷では、不景気といわれています。

流石に、気のせいかと思っていましたが、これだけ街の店が閉店するのを見ていると・・・

やっぱり、不景気です。

でも、この不景気、何年も続いています。

だから、これが普通では?って思うのですが・・・

世間の人は、そうは思わないようです。

そして、儲からないのを、不景気のせいにします。

ニュースを見ると、それを後押しするかのごとく、不景気なニュースの連発。

世の中の、何も手を打たない経営者の手助けをしているようなものです。

でも、社員はこき使います。

あんた、自分が動かないのに、なんでワテらが頑張らなあかんの?

って感じで、社員のやる気は急降下。

そんな会社も多いでしょう。

さて、不景気といっても、みんながみんな不景気と限りません。

株の世界にもあるように?逆張りをする人もいます。

つまり、ウハウハの人も世の中にはいるってことです。

それが、今回のニトリではないでしょうか?

と思ったのですが・・・

記事によると、

”売上高と経常利益が23年連続で過去最高益を更新する見通し”

だそうです。

これは、努力の賜物ですね~

私もこんな会社で働きたいです。

でも意外に、ノルマがきついかも?

ヘタレの私では、たぶんむりでしょう。

どこかに、らくして儲かる仕事はないかな~

おや、これじゃあ、不景気のせいにしている経営者と変わらんな。

世の中、私のようなダメ社員と、だめ経営者ばかりかも。

ま~、ダメダメがまだ持っているような社会なら、もう少し不景気でもなんとかなるかな?

そんなことを考えていると、急に会社が潰れたりして。

そういえば、今年、わかっているだけで、過去に働いていた会社が2社潰れた。

あんまり、余裕無いな~

もし、そうなったらどうしよう。

ま~、なんとかなるか~

家具のニトリ、23年連続で過去最高益更新へ 値下げ・円高が奏功

 家具・インテリアチェーンのニトリが18日に発表した2010年2月期の第3四半期(2月21日~11月20日)連結決算は、売上高が前年同期比18.6%増の2105億9900万円、営業利益は47.4%増の361億8700万円の大幅な増収増益となった。10年2月期の通期予想は、売上高が前期比16.4%増の2840億円、営業利益が29.9%増の430億円、経常利益が29.5%増の440億円で、売上高と経常利益が23年連続で過去最高益を更新する見通しだ。

 今期は、一時売上高が前年割れとなったが、その後に値下げ戦略を加速。大幅な値下げにもかかわらず、それ以上に客数が急増し、売上高を押し上げた。また、円高により海外で生産した家具の輸入コストが大きく下がり、利益が大きく伸びた。円高による増収効果は通期で約80億円に達する見込みだ。

 ニトリは、販売する製品を自ら企画し、海外で製造まで行うSPA(製造小売り)の手法で急成長。ユニクロともにデフレ時代の”勝ち組”と呼ばれている。

 同日、東京都内のホテルで会見した似鳥昭雄社長は、「値下げの実施で客数が大幅に増えた」と好決算の要因についてこう分析した。また、今後の値下げ計画について「値下げには2カ月前から準備しなければならないと間に合わない。まだ決まったわけではないが、できるだけ実施したい」と語った。

家具のニトリ、23年連続で過去最高益更新へ 値下げ・円高が奏功(産経新聞) – Yahoo!ニュース

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク