余計なお世話?禁止コンテンツ遮断へ=豪政府、ネット規制方針

オーストラリア政府は、インターネット上の児童ポルノや、レイプを含む性暴力などに、国民がアクセスできないよう法改正するそうです。

余計なお世話だと思うのですが・・・

学生の頃です。

何かと、規則規則とうるさかったです。

で、守るか?

真面目な私が、守るわけありません。

ルールを破ることが、ゲームとさえ思ったぐらいです。

このように、人間は、規制されると破りたくなるものです。

しかし、これって何のために?

一見、国民のためののように見えます。

しかし、見方によっては、国民を信じていないってことでもあります。

そんな法令を決める議員が真っ当か?

外国の事は知りませんが、どこも同じでしょう。

まずは、自分たちを改める方が先では。

そうじゃなければ、どんなに良いことも、反発されます。

案外、なんかの利権でもあるのでしょうか?

薄汚い日本の政治を見ていると、政治家のすることは、すべて黒に見えます。

こんな私のために、政治のコンテンツを遮断して欲しいです。

そうなると、人々は、結果だけで判断します。

すると、回りくどい言い訳なんて無駄。

コッチのほうが、遮断する価値があるのでは?

日本の、茶番劇みたいな国会風景などいらん!

言い訳もいらん。

ただひたすら、馬車馬のように、国民のためだけに働け~

そして、賄賂は私にくれ~

禁止コンテンツ遮断へ=豪政府、ネット規制方針

 【シドニー時事】オーストラリア政府はこのほど、インターネット上の児童ポルノやレイプを含む性暴力、犯罪指南などの禁止コンテンツ(情報の内容)に国民がアクセスできないよう法改正する方針を発表した。政府は、有害情報から国民を守るためと説明しているが、強制的措置の導入とあって、中国のような政府による検閲だとの批判も出ている。 
禁止コンテンツ遮断へ=豪政府、ネット規制方針(時事通信) – Yahoo!ニュース

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク