これもリサイクル?

いったい、いつ景気が回復するのでしょうか?

さて、私は休みの度に、散歩をしています。

なにぶん、仕事が座りっぱなしなので・・・

つまり運動不足。

だから散歩するようにしています。

少しでも多く歩くために、知らない横道をフラフラと。

そうやって、歩く距離を増やしています。

すると、閉店の知らせの張り紙をした店をよくみます。

もちろん、そんな店に、一度も足を踏み入れたことはありません。

だから、思い入れも何もありません。

でも、なんだか寂しい気持ちになります。

知らない店でそんな感じです。

知っている店なら・・・

私は、散歩もしますが、散歩をかねて図書館にもいきます。

その途中に、リサイクル店がありました。

その店は、私も利用したことがあります。

生活の足しにってことで、友達にもらったものを売りに行きました。

結構いいものがあったと思います。

たとえば、浄水器など。

買えば、数万します。

売値価格を期待したのですが・・・

浄水器を含めたダンボール数箱の商品は、数千円にしかなりませんでした。

かなりがっくり。

何往復かして疲れていたのもあり、その時の落胆ぶりは今でも忘れません。

その店がつぶれました。

そんな思い入れのある店。

つぶれて、

ざま〜みろ

って思いました。

その店のつぶれた後に、また店ができました。

なんの店だろう?

正直なところ、立地的にはあまりいい場所ではありません。

だから、こんなに早く次の店が出来るとは思いませんでした。

で、次の店ですが・・・

古着屋でした。

偶然にも、前回と同じような店でした。

もしかして、これもリサイクル?

改装せずに、そのままオープンした感じです。

もしかして、同じ人?

多分違うでしょう。

私も以前、古道具を扱おうと思ったことがあります。

だから、いろいろと調べました。

どうも、この古道具を扱うのに、警察に許可をもらわなければいけないようです。

その許可が、かなり面倒。

そして、かなり細かいらしいです。

たとえば、申請に、古道具ってしたとします。

これではダメなようです。

何を扱うか、細かく申請しなければいけないようです。

なんでこんなに厳しいの?

どうも、犯罪とからむからみたいです。

場合によったら、盗品の販売も可能ってことだからみたいです。

そんな事もあり、私は古道具を扱う商売をするのを止めました。

だって、警察嫌いだもん。

今でも、警察を見ると、ドキドキします。

もちろん、今は悪いことをしていません。

今は・・・・

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク