ホントかな?Microsoft決算、Windows 7好調で過去最高

マイクロソフトの業績が好調のようです。

理由は、Windows7が売れているからみたいです。

本当ですかね〜

Vistaが出たときも、そんなこと言っていたような・・・

ま〜、もう少しすれば真実が分かるでしょう。

さて、ウィンドウズ7ですが、どうでしょう?

Vistaが散々だったので、マイクロソフトも少しは考えを改めたでしょうか?

Vistaよりは、Windows7は良いようです。

でも、XPよりはどうでしょうかね〜

とはいえ、今パソコンを買うなら、強制的にWindows7を買わなければなりません。

ダウングレード権がついているパソコンなら、XPも買えます。

しかし、なんか損した気分になります。

昔のファミコンのソフトの抱き合わせ販売を思い出します。

そこまでして儲けたいか?

その結果が、今回の好調の結果かと思うと・・・

さて、好む好まないに関わらず、Windows7しか選択肢はありません。

仕方なく、Windows7のパソコンを買おうと思い電気屋へ。

そこで数台のWindows7のパソコンをいじってみました。

好きになれない。

どう見ても、画面はVista。

買うのをためらいました。

で、今も古いパソコンを使っています。

やっぱり見た目も重要な要素だよ。

例えば車。

どんなに性能が良くても、見た目がいまいちだと、売れないのと同じです。

逆に、見た目がよかったら、後付けで評価が上がる。

どうせ、ほとんどの人は、性能を引きだす使い方しないので、性能なんて分からない。

パソコンも同じ。

ネットにメール程度なら、そんなに高機能のパソコンなんていらない。

はずなんだが・・・・

度重なるアップデイトのために、パソコンが重くなり、買い替えが必要になります。

ま〜、パソコンのソフトは劣化しません。

そうなると、買い替えを控える傾向に。

アップデイトは、こんな人の考えを改めるためにあるような気がします。

さて、最後に、そんなに好調なら、osの値段を下げてほしいです。

普通、消費者に還元するだろ?

それができないのは、好調ってのは嘘で、実は売れていないとか?

それも時間が経てば分かることですけどね〜

Microsoft決算、Windows 7好調で過去最高

米Microsoftが1月28日発表した第2四半期(10〜12月期)決算は、売上高は前年同期比14%増の190億200万ドル、営業利益は同43%増の85億1000万ドル、純利益は同60%増の66億6000万ドル(1株当たり74セント)で過去最高だった。

2009年10月に発売したWindows 7の販売が好調で、Thomson Reutersがまとめたアナリスト予測(純利益が1株当たり59セント)を大きく上回った。Windows 7のアップグレードキャンペーンに関連する17億1000万ドルの売り上げ繰り延べ分を差し引くと、売上高は173億1000万ドル、1株当たり利益は 60セントになるとしている。

同四半期中にMicrosoftはWindows 7を6000万本以上販売し、これはWindows史上最速の売り上げだという。

部門別に見ると、WindowsおよびWindows Live部門の売り上げは前年同期比で70%増の69億400万ドルと大きく伸びた。OfficeやDynamics製品などを手掛けるビジネス部門は Office 2007の売り上げ減などの影響で3%減の47億4500万ドルだった。次期オフィススイート「Office 2010」の発売は2010年前半の予定だ。Windows Serverや開発ツールを担当するサーバ&ツール部門は2%増の38億4400万ドル、BingやMSNなどのオンラインサービス部門は5%減の5億 8100万ドル。Xbox、Zune、Windows Mobileなどを扱うエンターテインメント&デバイス部門は11%減の29億200万ドルだった。

同社は引き続きコスト削減に努め、通年の営業経費を265億ドルから262億ドルに抑えるとしている。発表文では業績見通しを明らかにしなかった。

Microsoft決算、Windows 7好調で過去最高(ITmedia エンタープライズ) – Yahoo!ニュース

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク