ある日突然!

学生時代、勉強が嫌いでした。

私は意志が固いです。

嫌いなものはきらい。

だから、勉強をした覚えがありません。

さて、今年になってやっていることがあります。

それは・・・

英単語を覚えることです。

毎日、会社から帰ってくると、ほとんどすぐにノートに英単語を書いています。

ひたすら書いて覚えています。

一生懸命覚えようとするのですが、秒殺で忘れていきます。

まるで、ざるで水をすくうような感じです。

でも楽しい。

キッカケは?

実は、ありません。

正確には、去年の年末ごろ、きゅうに英単語が覚えたくなりました。

本当に急です。

前フリもなく。

そこで、練習用のノートを買いにいきまいした。

そこから、今日まで続いています。

とはいえ、仕事から家に帰ってきて、しんどいこともあります。

だから、今日は止めておこうって思うこともありました。

そして、すぐに寝ます。

でも、きになって夜中に目覚めます。

そこから暗記タイムがはじまります。

そんな感じで毎日続いています。

なんでいまさら・・・

もし、これが学生時代なら良かったのに。

話はかわり、私は英単語を筆記体で書いています。

サラサラとかくと、何かサインをしているような気分になります。

でも、学生時代に覚えた筆記体です。

かなりあやふやです。

そこで、自分の書いている筆記体が正しいか調べることにしました。

すると、今の学生は筆記体を習わないようです。

どうも、筆記体は、必修ではないようです。

驚きです。

いったい、今の教育はどうなっているんだ?

一時期、ゆとり教育などと騒がれていました。

勉強をしなかった私ですが、改めて考えると、詰め込みこそ教育の基本かも?って思います。

それがすべてだとは思いません。

しかし、何もないところから、新たなものはでてきません。

また、何事も基本は必要です。

その基本を作るのに、詰め込みこそ目的を達する最短距離と考える様になりました。

もし、タイムマシーンがあったら、そのことを勉強ぎらいの私に言いたいです。

私の子供のころ、勉強は大切だと教えられました。

でも、なぜ大切か教えてくれる人はいませんでした。

もちろん、今聞かれてもうまくは説明できません。

しかし、勉強しなかったため、多くの失敗をした経験は話せます。

もし、それができたら・・・

たぶん、今、ブログなんて更新していないでしょう。

どうなっているかな?

案外、それでも同じ道をたどっているかも。

ま〜、最善の道をたどったと信じるか〜

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク