それが不幸!国民の「幸福度」を調査へ=新成長戦略の指標に−政府

やっぱり、ママからお小遣いをもらっている人の考える事は違いますね〜

鳩山由紀夫首相は、国民の「幸福度」を調べる方針で一致したそうです。

幸福?

どうやって測るの?

国民の『幸福度』を表す新たな指標を、これから開発するようです。

いったい、何の役にたつの?

それを開発するのも、タダじゃないんだろ?

また、無駄に税金をつかって、役に立たないデータづくり。

お小遣いを、たくさんもらいすぎてお金の価値がわかっていないようです。

今回の政権交代で、少しは日本がよくなると思っていました。

しかし、実際は、政治の素人が自己満足のためにやっているようにしか見えません。

こんど開発する、幸福の基準を、世間知らずのお坊っちゃんを基準にすれば、その国の国民は、みんな不幸だとおもいます。

そらそうでしょう、自分はまともに税金をはらわず、貧乏人から集めた税金を無駄づかい。

そのデータは、自分の無能さをはかる基準になる事にも気づいていない。

たのむから、もう何もしないでほしい。

それが一番の政策かもしれないよ。

国民の「幸福度」を調査へ=新成長戦略の指標に−政府

 鳩山由紀夫首相は28日、首相公邸で菅直人副総理兼財務相や仙谷由人国家戦略担当相らと会い、新成長戦略の具体策取りまとめに向け、国民の「幸福度」を調べる方針で一致した。具体的な調査項目を詰めた上で、3月初めにも着手する。
 会談後、仙谷氏は公邸前で「単なる数字のGDP(国内総生産)だけじゃない成長をわれわれがどうつくっていくのかと(いうことだ)」と記者団に述べ、新たな指標として検討していることを明らかにした。
 「幸福度」については、昨年12月にまとめた新成長戦略の基本方針でも「国民の『幸福度』を表す新たな指標を開発し、その向上に向けた取り組みを行う」と盛り込まれた。 
国民の「幸福度」を調査へ=新成長戦略の指標に−政府(時事通信) – Yahoo!ニュース

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク