よかったね!「ベルリン最速のネコ」を救出、ドイツ

ドイツで、車のエンジンルームに入っていた猫が、救出されたそうです。

その車は、最高時速160キロだしていたので、ベルリン最速の猫だとか。

たわい無いニュースです。

ま〜、猫は狭いところが好きだからね〜

ところで、今日は休みでした。

昨日と違い、とても暖かい一日でした。

洗濯物も、気持ちよく乾きました。

ちょっとした用事があり、散歩をかねてちょっと遠回り。

すると、そこら中で猫を見ました。

朝方は、日の当たるところにいた猫も、昼日は日陰に。

それほど暖かい一日でした。

気がつけば、3月半ば。

もう春ですね〜

春といえば、出会いと別れの季節でもあります。

私には、まったく関係ありません。

どちらかといえば、花粉の季節。

おっと、猫とは関係ありませんね。

たくさんの猫を見ることによって、春の訪れを感じた一日でした。

「ベルリン最速のネコ」を救出、ドイツ

ドイツで、車のエンジンルームに迷い込みそのまま54キロも運ばれたネコが救出された。最高時速は160キロに達していたという。12日付のドイツ紙ビルト(Bild)が報じた。

 アクセル・シドー(Axel Sydow)さん(24)がフォルクスワーゲン(Volkswagen)ゴルフ(Golf)を運転してベルリン(Berlin)からケーニヒスヴスターハウゼン(Koenigs Wusterhausen)に行ったところ、ボンネットから激しいネコの鳴き声が聞こえた。

「上からは何も見えませんでしたが、ボンネットを開けるとネコの頭と脚が見えたんです。エンジンは温かいので、そこで寝ようと思って入り込んだのでしょう」(シドーさん)

 救助隊が前輪とエンジンカバーを取り外してネコを助け出した。ネコは足にやけどを負っただけで済んだという。ビルト紙はこのネコを「ベルリン最速のネコ」と表現した。
「ベルリン最速のネコ」を救出、ドイツ 国際ニュース : AFPBB News.

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク