欲張るから?「らき☆すた」住民票大量売れ残り、廃棄の危機

埼玉県鷲宮町が閉町記念に発売した、「らき☆すた」のキャラクター入り住民票が、約7500枚売れ残っているそうです。

このままいくと、廃棄処分のだとか。

7500枚って多いのか?

ちなみに、住民票の値段は300円だそうです。

7500枚×300円=2,250,000円の収入減か〜

ただの紙切れだから、原価はかかっていないと思うのだが・・・

キャラクターものだから、それなりのお金を払わなくちゃいけないんだろな?

元記事によると、最初に1万枚発行したそうです。

それを、完売するのに、4ヶ月かかったそうです。

さらに調子にのって、3万枚追加で作ったそうです。

ま〜、期限がなければ、いずれはなくなるでしょう。

しかし、町がなくなるまで、つまり販売期間が3ヶ月しかないのに3万枚って・・・

バカじゃないの?

民間なら考えられない事です。

やはり、税金の無駄いがお仕事の人は、考え方が違うようです。

そもそも、この”らき☆すた”ですが、数年前の漫画のようです。

今の流行り廃りの激しい世の中、最初の1万枚が売れたのも不思議なくらいです。

ところで、この”らき☆すた”ですが、私はよく知りません。

さらに驚いたことに、この文章を書いていて、らきすたと入れて、変換を押すと星印が出てきます。

なんか、きも〜い。

元記事には、その住民票の画像が入っています。

正直、気持ち悪い。

オタクっていわれる人は、こんなのを買うのでしょう?

ヘンタイとしか思えません。

こんな、気持ち悪い物で金儲けを考える町もまちです。

無くなって正解です。

いつから、日本はこんな風になったんだ?

「らき☆すた」住民票大量売れ残り、廃棄の危機

埼玉県鷲宮町が閉町記念に発売した、人気アニメ「らき☆すた」のキャラクター画入り特別住民票が約7500枚売れ残り、新「久喜市」移行を前に廃棄処分の危機にある。

焦った町は、町最後の日となる22日、特別販売所の設置を計画、「少しでも多くの人に購入してほしい」と、神頼みの体だ。

特別住民票は1枚300円。2008年4月に第1弾として1万枚発売し、約4か月かかって完売。第2弾は、3万枚を製作し、昨年の大みそかの夜から売り出した。正月三が日で約1万2000枚を売り上げたものの、鷲宮神社の参拝者が落ち着くと徐々に売り上げも下降線をたどり、最近は数枚しか売れない日もあるという。

町は、合併まで3か月足らずの期間に3万枚も製作したことに見通しの甘さを認めつつも、「22日には、特別領収書に町の最後の日付が入る。ファンでなくても記念に喜んでもらえるのでは」と、多くの来客を期待している。

特別販売所は、22日午前10時〜午後2時、町コミュニティ広場で開かれるイベント「町卒業式」で開設する予定。19日までは、町役場や町中央公民館などで販売する。
「らき☆すた」住民票大量売れ残り、廃棄の危機(読売新聞) – Yahoo!ニュース.

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク