軽いのか?7キロの自転車…カーボン素材超軽量折りたたみ式開発

韓国生産技術研究院で、軽量の折りたたみ自転車が開発されたそうです。

で、その重量は・・・

7キロだそうです。

これって軽いの?

普通のママチャリが、大体17〜18キロぐらいですかね〜

それに比べたら、とても軽いようなきがします。

この折りたたみ自転車ですが、カーボン素材を利用しているとか。

だから軽いの?

でも、私は、これでも重いと思うのですが・・・・

私は自転車が好きです。

いや、好きでしたかな?

なんせ、最近、自転車にのっていないもので。

一応、自転車はあるのですが、修理が必要。

ホイールを変えなければいけません。

その費用、3万以上ですかね〜

3万も出せは、ママチャリが買えます。

私の自転車は、ロードレーサーっていうやつです。

ロードレーサーとは、タイヤの細いのが特徴の自転車です。

このように説明すると、競輪の自転車と勘違いする人がいます。

しかし、競輪の自転車とは違います。

ちなみに、競輪の自転車は、ブレーキがありません。

このロードレーサーは、スピードをだして走る自転車です。

車でいえば、F1みたいなものでしょうか?

そういえば、いつも、会社で道路を掃除していると、ロードレーサが走り抜けます。

自転車好きには、それがビアンキだとすぐわかります。

ビアンキとは、自転車のブランド名です。

そのビアンキを、女性がのっていて、駆け抜けていきます。

あんた、通だね〜

機会があれば、一度話がしてみたいですが・・・

一瞬で駆け抜けるので、それは無理でしょう。

さて、このロードレーサーですが、折りたたみ自転車よりずっと大きいです。

この重量ですが・・・

値段によって違います。

最近は、自転車の雑誌を見ていないので、はっきりした相場がわかりません。

そこで、ちょっと昔の相場ですが、参考ってことで。

重量 8キロで、20万ぐらい?
重量 7キロで、30万くらいだったかな〜

すいません、忘れました。

でも、1キロのちがいで、10万くらいの違いがありました。

では、6キロで、40万かと言われると、違います。

このロードレーサーですが、れっきとしたスポーツ競技としてあります。

ま〜、日本ではマイナーですが・・・

やはり、自転車は軽い方が有利です。

そのため、プロの使用する自転車は、驚くほど軽いです。

じゃあ、4キロもあるかと言うと、それは無いです。

たぶん・・・(この辺、かなり適当なので、苦情はお断りします。)

なぜなら、競技で使う自転車の最軽量値があるからです。

そのため、軽すぎて、ペダルに重しをつけて、検査をパスしたって記事を読んだことがあるぐらいです。

そんな自転車をしっているので、7キロが軽いとはとても思えません。

それも、カーボンを使って。

ま〜、機会があればのってもいいかな?

あんまり感動は無いと思うけど。

今までで一番うれしかったのは、100万円ぐらいのロードレーサーの自転車をのったことかな?

カーボンを至る所につかっていました。

えっ!乗り心地?

実は、20万ぐらいの自転車の方がよかったです。

自転車は、体にあっていなければ、たとえ高くてもいいとは限りません。

だから、体にあっていれば、ママチャリの方がまさる場合もあるかもね〜

7キロの自転車…カーボン素材超軽量折りたたみ式開発

韓国生産技術研究院は本体と車輪にカーボン複合素材を使用した超軽量折りたたみ式自転車を開発したと25日、明らかにした。

この自転車の重さは7キロで、アルミニウム素材の折りたたみ自転車(10キロ-13キロ)に比べてはるかに軽い。カーボン素材は重さが鋼鉄の25%にすぎないが、強度は3倍以上。しかし溶接が難しく、現在輸入されるカーボン素材自転車はほとんど折りたたみ式ではなく一体型だ。

研究院はこの問題を解決するため、後輪とチェーンで連結したクランク軸を前方に押せば後輪が時計と反対方向に回り、前輪と平行に折りたためる新しい方式を導入した。ワンタッチで簡単に折りたため、サイズも半分になるため、保管しやすい。

基本モデルの価格は300万ウォン(約24万円)。研究院は今後100万ウォン台の普及型モデルも開発する予定だ。

中央日報 – 7キロの自転車…カーボン素材超軽量折りたたみ式開発.

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク