猫のミッフィー?

図書館で、本を借りようと、受け付けへ。

その途中に、絵本がおいてありました。

子供のころ読んだ覚えのある、絵本が数冊ありました。

その中の一冊に、ミッフィーの絵本がありました。

ミッフィー?

ミッフィーといえば、誰もがしっているキャラクターです。

そう、うさぎです。

同じようなキャラクターのある中、とくにミッフィーが有名なのは、

口のあたりが、×になっているからではないでしょうか?

ちなみに、私はミッフィーが好きです。

だから、つい、そのミッフィーの絵本を手にとって見ました。

でも、このミッフィー変。

まず、耳が短い。

つぎにヒゲがある。

あれ?

これです。

絵本を見ると、ミッフィーとは書いてありません。

ミッフィーの作者は、ディックブルーナですが、作者も違います。

どうも、うさぎではなく、猫で、名前はムスティとか。

[ad]

ネットで調べると、ムスティのサイトがありました。

こちらです。

http://www.musti.jp/

こちらに、ムスティの事が書かれていました。

ベルギー生まれの絵本のキャラクターだそうそうです。

私は、猫も好きなので、このキャラクターも気に入りました。

でも、一つの思いが・・・

やっぱり、ミッフィーのパクリ?

と思ったので、どちらが先か調べてみました。

『ムスティ』(Musti) は、ベルギーのアニメーションスタジオであるスタジオTVデュピュイ (Studio TV Dupuis) が製作したアニメーション及び絵本のシリーズである。ネコの男の子「ムスティ」を主人公にしている。1968年からフランスとベルギーで製作された。
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ミッフィーは、2005年に50周年を向かえたようなので、やっぱりミッフィーの方が先かな。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. SA より:

    キィティ+ミッフィー÷2という感じですか?

    ミッフィーのあの不思議な無表情さ・・・

    右左には行くけど、絶対に前に出て来そうも無い
    脱躍動感と言うか・・・(キィティも同じかも)

    キィティの横顔知ってますか・・・

    まあ、そこが良さでもあるという気が・・・

    (^^)

    • コマメ より:

      たしか、ミッフィーのCMでは、前に歩いていたと思います。
      だんだんアップになります。
      しかし、横顔はどうだったかな?
      今でこそ、ミッフィーは普通ですが、発表された当時は、前衛的なものだったみたいです。
      線を最小限にして表現するところです。(ディックブルーナの本に書いてあった記憶があります。)