また撤去するの?ダンクシュートでゴール倒れ小6男児重傷 埼玉

小学生が、ダンクシュートをして、バスケットゴールが倒れたそうです。

その結果、左手の指を怪我したそうです。

もしかして、この事をきっかけに、バスケットゴールを撤去するのでしょうか?

一見、子供を守る見たいな考えですが、早い話責任逃れ?

他にすることあるだろ〜

家の近くに、公園があります。

でも、その公園、何もありません。

ただの広場。

子供なんて遊んでいません。

事件が起こる度に、色々なものが撤去されて、その結果、何もなくなってしまったのでは?

これでいいの?

私の子供のころは、公園自体、あまりありませんでした。

ま〜、家が田舎って事もあったからですが。

そのため、自然が遊び場。

色々な事をしました。

その中には、危ないことも。

でも、大怪我をすることはありませんでした。

危ない事をしているとわかっていたからです。

そのため、細心の注意を払います。

そうやって、色々学びました。

大人も、ある程度は、危ないことをしているのを知っていました。

でも、今ほど、過保護ではありませんでした。

ま〜、あの頃は、子供を佃煮にするほど、うじゃうじゃいましたから。

今は、絶滅危惧種に指定していいほど、子供はいません。

だから、敏感になるのはわからないでもありますけど。

でも、その結果、どう育つのやら・・・


ダンクシュートでゴール倒れ小6男児重傷 埼玉

 18日午前9時15分ごろ、埼玉県八潮市中央の市立八幡小学校の校庭で、高さ約3.25メートルの鉄製のバスケットゴールが倒れ、同市の別の市立小6年の男児(11)が右手の薬指と小指に大けがを負った。

 草加署の調べでは、男児は高さ約90センチの朝礼台からダンクシュートして、約2.6メートルの高さにあるゴールのリングにぶら下がったところ、ゴールが倒れたという。

 男児は地元の少年バスケットチームに所属。午後から同校で試合があり、チームの仲間と練習していたという。

 ゴールは本来、鉄製のくいやコンクリート製の重りなどで倒れないように固定されていた。この日は、地元の少年野球チームが校庭を使うため、重りなどを外してゴールを移動。当時、ゴールは固定されていない状態だったという。
ダンクシュートでゴール倒れ小6男児重傷 埼玉(産経新聞) – Yahoo!ニュース

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク