まだ早いだろ!小豆島沖の瀬戸内海を泳ぐイノシシ…海保が撮影

最近、春だというのに、ちょっと寒かったりします。

そんなことを言っていると、すぐに夏がくるんですけど・・・

夏といえば、海。

でも、先ほども言いましたが、まだ寒い。

だから、泳ぐにはまだ早いです。

しかし、待ちきれないものがいたようです。

それは猪。

小豆島沖の瀬戸内海を、猪が泳いでいたようです。

またなんで?

人間にも色々な人がいるように、動物にも変わったやつがいるのでしょう。

ところで、なんでこのニュースがきになったかというと、小豆島の名前が出ていたからです。

小豆島に、友達がいます。

そのため、目が止まりました。

友達は、小豆島で農業をしています。

友達の畑に行くと、ネットの柵がしてあります。

理由を聞くと、動物が畑をあらすからだそうです。

どんな動物?

たしか、鹿っていっていたかな。

今回、小豆島沖で発見されたので、たぶん小豆島に住んでいるでしょう。

友達に、猪もいるのか聞いてみようと思います。

小豆島沖の瀬戸内海を泳ぐイノシシ…海保が撮影

第6管区海上保安本部(広島市南区)は22日、管内の巡視艇が香川県・小豆島沖の瀬戸内海で泳ぐイノシシを撮影したと発表した。

同本部によると、21日午前11時頃、小豆島海上保安署の巡視艇が、池田港(香川県小豆島町)の南約4キロ沖で、体長約1・2メートルのイノシシ1頭を発見。艇から監視した約2時間、犬かきのように脚を動かし、南西へ泳いで行った。

山口県の周南市徳山動物園によると、海を泳ぐイノシシが見つかるのは珍しい。人が歩く程度の速さだったといい、同本部は「海では猪突(ちょとつ)猛進といかなかったか」。
小豆島沖の瀬戸内海を泳ぐイノシシ…海保が撮影 : ニュース : 関西発 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. […] 瀬戸内海を泳ぐイノシシ 画像の泳ぐイノシシが意外に可愛いっていうww […]