時代の流れ!さよならフロッピーディスク、来年3月販売終了

ソニーは、フロッピーディスクの販売を、2011年3月末で終了するそうです。

これも、時代の流れですね〜

そういえば、最近、フロッピー使ってないな〜

最近使ったのは、ブートの設定を変更するときかな?

容量が少ないので、使う機会がないな〜

そういえば、私が始めてパソコンを触ったころは、フロッピーは憧れでした。

あの頃は、値段も高かったな〜

フロッピーの本体。

そのため、データの保存には、カセットテープを使っていました。

データレコーダってやつだったかな?

いまや、そのカセットテープも珍しいものとなりました。

もしかして、カセットテープを知らない人もいるのでは?

昔は、フロッピーにも色々な種類がありました。

いまは、3.5インチしかありませんが、昔は、ちょっとした、うちわのような大きさのものもありました。

ちょっと、おおげさかな?

でも、今のフロッピーよりは大きかったです。

とはいえ、あまり思いでないな〜

だって、今のパソコンを買ったころには、すでにCDが安かったし〜

そのCDが、いまや100円で買える時代です。

もしかして、DVDも100円で売ってたかな?

自分のパソコンは、DVDが使えないので、目に止まらないもので・・・

そんな時代に、あの容量では・・・

でも、久々に使って見たくなったな〜

家で作っている、仕事で使うデータを、フロッピーに保存してみるかな?

でも、会社でフロッピー使えないし。

改めて思いますが、技術の進歩ってすごいですね〜


さよならフロッピーディスク、来年3月販売終了

 ソニーは23日、パソコンで作成した文書やデータを保存する記録媒体「フロッピーディスク」の販売を2011年3月末で終了すると発表した。

 ソニーの撤退で国内最大手の製品は姿を消すことになる。

 現在の直径3・5インチ型はソニーが開発し、1981年に世界で初めて米国で発売し、日本では83年に発売された。

 しかし、近年はハードディスクやDVD、USBメモリーなど新しい記録媒体に押されて需要が減少。生産は中国メーカーに委託していたが、必要な部品の調達も難しくなっており、販売を終了する。

さよならフロッピーディスク、来年3月販売終了(読売新聞) – Yahoo!ニュース

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク