私は勧めないけど!ベネズエラ大統領がツイッターを賞賛、盟友にも勧める

ベネズエラ大統領が、ツイッターを賞賛しているとかどうとか・・・

本当に、流行っているのでしょうか?

私のまわりには、ツイッターの存在すら知らない人ばかりなので。

今までにも、色々なブームがありました。

何かわからない私は、質問します。

一体何?

すると、曖昧な返事が・・・

どんなブームも、始まりはこんな感じです。

そうして広がり、それが何か定義されます。

そうなると、ブームはいつの間にかさっていきます。

さって、話をツイッターに。

ツイッターって何?

これにたいする、色々な答えを見ました。

どれも曖昧すぎて、印象に残っていません。

その悶々としたものが、一部の理解した人の優越感となり、ブームが作られているのかも。

まるで、それは宗教にも似ています。

そんなツイッターですが、最近は、ツイッターの説明がミニブログと紹介されるようになってきました。

そうなると、今までの神秘性が無くなります。

な〜んだ、ブログか〜

このブログも、最初のころは未知なるものでした。

そしてブームに。

でも、今はブログは下火。

ま〜、一般人が、世間に発表することなんて、たかが知れています。

また続けるとなると、それなりの心構えも。

それが長期になればなるほど、難しくなります。

読む人にとっては、こんなくだらないブログですが、書く方にとってはそれなりの決意が・・・

面倒だし〜、やめちゃおうかな〜

これの繰り返しです。

何事も、続けるのは難しい。

それは、ツイッターでも同じでは?

いつまで続くのやら・・・・

ベネズエラ大統領がツイッターを賞賛、盟友にも勧める

 今週ミニブログ「ツイッター」のユーザー登録を行ったばかりのベネズエラのウゴ・チャベス大統領が29日、同サービスを賞賛した上で、キューバのフィデル・カストロ前国家評議会議長とボリビアのエボ・モラレス大統領にも使用を勧めた。

 チャベス大統領は、これまでに2件の「つぶやき」を自らのページ「@chavezcandanga」に投稿し、それを約10万人がフォローしている。

 チャベス大統領はモラレス大統領と牧場を訪れた際に「エボ(モラレス大統領)とフィデル(カストロ前議長)にも勧める。エボ、ツイッターをやっているか」などと語った。

 モラレス大統領とカストロ前議長は、チャベス大統領の盟友であり、3人とも中南米の反米主義者として共鳴し合っている。

ベネズエラ大統領がツイッターを賞賛、盟友にも勧める | 世界のこぼれ話 | Reuters

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク