運がいい?スズメのヒナ、ツバメの巣でスクスク 川登SA

長崎自動車道川登サービスエリアで、スズメのヒナが、ツバメの巣の中でスクスクと育っているそうです。

なんでこんな事に?

ツバメの巣の近くに、ひなが落ちていたので、人が拾って元戻したそうです。

でも、ツバメのヒナではなく、スズメのヒナだったので、こんな事になったそうです。

微笑ましい風景ですね〜

でも、このスズメの将来を考えると、心配になります。

だって、ツバメとスズメは飛びかたがちがうもん。

たぶん、もう少し大きくなると、親ツバメは子ツバメにえさの取り方を教えると思います。

その時に、このススメはどうなるのだろう?

そう考えると、本当に助かってよかったのかなって思います。

ところで、ツバメとスズメって仲良しなのでしょうか?

ちょこっと、調べると・・・

ツバメの巣を、スズメが乗っ取るなんてのもちらほら。

あんまり仲がいいようには思えません。

また、ツバメについても、ちょこっと調べてみました。

すると、ウィキペディアに、こんな画像が・・・


http://ja.wikipedia.org/wiki/ツバメ

これ、ばめ?

ツバメといえば、真っ黒に白いお腹だと思っていたのですが・・・

よくわかりません。

ところで、今回のスズメですが・・・

なるようになるしか、ならない?

本来なら、死んでいたのに、助かったので強運の持ち主なのでしょう。

その強運で、生きつづけることを祈ります。

スズメのヒナ、ツバメの巣でスクスク 川登SA


武雄市の長崎自動車道川登サービスエリアで、スズメのヒナがツバメの巣の中でスクスクと育っている。歩道に落ちていたところを拾われたうえ、本当の親子同様にかわいがられる幸運ぶり。命をつないだヒナはたくましく餌をついばむ。16日まで愛鳥週間。

上り線のエリア内で清掃作業をしていた宝泉佐代子さん(58)が7日、歩道に落ちてもがくひな鳥を見つけ、近くのツバメの巣から落ちたと思い戻した。数日後、鳴き声や毛色が違うことに気付いた。スズメは別の場所にあった巣から落ちていたらしい。

巣の中にはツバメのヒナも3羽いる。一回り小さいスズメのヒナは、最前列で頑張って餌を要求。親ツバメがせっせと運んでくる餌を口に入れている。ほのぼのとした光景は、利用客にも一服の清涼剤に。

日本野鳥の会佐賀県支部の佐久間仁支部長(54)は「ツバメがスズメを育てるなんて初めて聞いた。通常は、親鳥が気づいて巣からはじき出すのでしょうが、非常に興味深い」と話している。
スズメのヒナ、ツバメの巣でスクスク 川登SA/佐賀のニュース :佐賀新聞の情報コミュニティサイト ひびの.

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク