風邪ひいた

昨日の昼頃、喉の調子が悪くなった。

どうも、風邪をひいたようだ。

だから、今日一日寝てすごす。

なんか、今も頭がボ〜としている。

最近、落ち込んでいて、ネガティブな事ばかり考えてしまう。

だが、頭がボーっとしているので、それが無かった。

今まで生きてきて、風邪ひいて良かったと始めて思ったかもしれない。

とはいえ、寝てばかりもいられない。

なぜなら・・・・気持ちよく昼寝をしていた。

するとベルがなった。

何だ?目覚ましか。

私の部屋で電子音といえば、目覚まししか思いつかない。

慌てて目覚ましを止めようとした。

しかし、違う。

どうも電話のようだ。

普段、電話なんてかかってこない。

だから、電話だと想像できなかった。

いったいだれだ?

普段鳴らない電話がなると、不気味だ。

思いつくのは不幸しかない。

恐る恐るでると、セールスの電話だった。

一気に私は不機嫌に。

だって、気持ちよく寝ていたのを起こされたからだ。

内容は、ADSLを光に変えないかって電話だ。

前にも同じような電話が掛かってきて断ったばかりだ。

今回は、かなり強引。

こちらの考えを聞くことなく、光に変えることを前提に話しやがる。

相手:OSは何ですか?

相手:Windowsですか?

私:いえ、Linuxです。

相手:・・・・・

おまえ、そこんとこはスルーか?っていいたかったが次に話を勧めやがった。

そこで、料金の事を聞いた。

すると、今と同じか安くなるとの事。

でも、私はADSLの一番安いプランなので、高くなるけど。

相手:・・・・・・

しかし、電話料金とネットの料金を合わせて、なんたらかんたら・・・

でも、その電話って、停電の時って使えませんよね?

私が聞いた。

光で使える電話は、モデムの電源がきれていると使えない。

だから、災害時などの停電時には使えないのだ。

相手:今の電話は、黒電話か何かですか?

私:そのような物です。

相手:・・・・

もちろん、黒電話ではない。

しかし、電話が掛かってこないので、留守電にもしていない。

つまり、黒電話と同じ電話線から供給される電源で、電話がなる状態なのだ。

この状態だと、停電時だからといって、電話が使えないことはない。

それでも、あいてはしつこくいってくる。

そこで、

災害時に電話が使えないようでは困ります。

といって、電話をきった。

その間も、何かいっているのが、受話器から聞こえた。

知るか〜

おかげで、ちょっと熱が上がったようだ。

実に不愉快な奴だった。

ま〜、孤独の身。

災害時や、緊急時に電話を掛ける相手なんていません。

だから、電話なんてどうでもいい事なんですけどね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク