またtwitterをやってみた

再び挑戦。

あまり気が進まないが・・・

何の話かというと、今流行りの?twitterだ。

私はテレビを見ないので、ニュースはネットのみ。

そのネットの世界では、ツイッターの話題がよくでてくる。

まるでブームのように伝えられているが、私の回りにやっている人はいない。

いや、ツイッターをしっている人もいないかも?

私には、マスゴミがブームを作り上げているようにしかみえない。

ま〜、私の回りが、ネットに疎いといえばそれまでだが。

ちなみに私のまわり、そして仕事はネット販売である。

さて、流行りといえば、iPadだ。

あれも、一時のブームだと思うのだが。

理由は別の機会に。

そのipadは、ネットに疎い私のまわりでも、話題に上がった。

これこそが、本当のブームだろう。

さて、話を戻し、なぜツイッターをやったかと言うと・・・

最近、また株を始めた。

その勉強のために、ダイヤモンド・ザイって雑誌を買った。

その本の特集に、ツイッターがのっていたからだ。

もしかして、ツイッターで儲けのネタが見るかるかもって、邪な考えが無いとはいえない。

前回、ツイッターをやったときは、まったく興味がもてず、5分ぐらいでやめた。

そのまま、アカウントをのこしていれば、今回は手早く出来たのだが。

こんなもの2度とやるか〜

って事でアカウントを消したので、また登録の必要が出てきた。

手続きてきには簡単なのだが、かなりイライラした。

ツイッターに表示される名前が、なかなか決まらない。

思いつく名前を入れても、既に使われているものばかり。

また、その結果が表示されるまでに時間が掛かる。

ツイッターに登録が終わり、適当に有名人をフォローした。

本当に適当にフォローしたので、誰をフォローしたのかわからない。

ちなみに、フォローとは、私もよくわからない。

登録って事だろうか?

フォローすると、自分の一覧に、その人の投稿が表示されるようだ。

その中に、広瀬香美?あの、冬の歌?を歌っていた人がいたようだ。

なんか、ちょこちょこ更新される。

有名人も、暇なんだな〜ってのが感想。

書き込みもたいしたことない。

いや、本人か?

その辺も、いまいちわからない。

調べるきも起こらない。

だって、書き込まれることが、本当にどうでもいい事ばかりだからだ。

ツイッターは、ある一部の人に絶賛されている。

しかし、私は、どこがいいのかわからない。

まだ、便所の落書きとやゆされる、2chの方がいいように思える。

書き込みにつながりがあるからだ。

ツイッターは、誰かの投稿が、更新されるごとに表示される。

私には、それが、整理できない人の机の様に見える。

人ごとに整理されるのではなく、ごちゃごちゃに表示されるからだ。

そこは、つながりの無い情報が、ランダムにならぶ。

情報といえば、素晴らしいが、そこは思いつきの言葉。

ただの暇つぶしの塊にしかみえない。

さて、先ほど書いた、雑誌のZAIにツイッターを使っている有名人が紹介されていた。

最初は、ホリエモンだ。

顔写真が大きくのっている。

なんか、生理的に受け付けないので、飛ばす。

次に、水道橋博士がのっている。

この人については、あまり知らない。

昔、ビートたけしの番組に出ていたような?って感じぐらいだ。

そこには、”芸能界で一番始めにブログを始めた男”と紹介されている。

さらに、”オレはツイッター脳になった!そして、読書量もテレビを見る量もふえた!”って書いてある。

これを見る限り、この人は知識人の印象を受けた。

ツイッター脳とは?

一体どのようなものか。

8つの答えが一瞬で浮かぶ様になったそうだ。

なぜ、8つかとう言うと、パソコンに表示される書き込みの表示が大体8つだからだそうだ。

ツイッターをやることによって、アウトプットも早くなって、原稿依頼があってもすぐにできるようになったようだ。

このあたりに、非常に興味を持った。

なぜなら、こんなブログでも、書くネタに困り時間が掛かるからだ。

もし、アイデアがすぐに浮かぶ様になれば、もっとたくさんブログを更新する事が出きる。

そうなると、人がたくさん訪れる。

すると、広告リンクをクリックする人がふえ、このブログをやる目的の広告収入が増える。

この時点で、私は欲の塊となった。

水道橋博士が、ツイッターを絶賛しているが、きになるのがそのアウトプットだ。

それほど素晴らしいツイッターで集めた情報をもとに、どのような文章を書くのか?

もしかしたら、無知な私には理解ができない文章が展開されているかも知れない。

しかし、私もガンバってツイッター脳なるものに近づけば、いつかは理解できるかもしれない。

でも、どうすれば、そのアウトプットされた文章を見ることが出きるのだろうか?

そこで、ふと思いつく。

芸能界で始めにブログをやったってところだ。

そうだ、ブログを見ればいいんだ。

始めは、本でも読もうかと思ったが、それでは本代が掛かる。

しかし、ブログなら、今すぐ見れるしお金も掛からない。

期待を膨らませ、水道橋博士のブログを検索することに。

こちら

http://blog.livedoor.jp/s_hakase/

4時起床。早!でも起きた。
『アサイー』ジュース。
国産たまねぎスープ。原稿書き。

なんだ?これは。

朝のメニューか?

もしかしたら、これだけかもしれない。

次へ。

なんか、その日の予定のメモのように見える。

これが、ツイッター脳とやらで書いた文章か?

あまりにも期待はずれに愕然とした。

所詮、この程度か〜

私のツイッターの興味も、この落胆と同じくらい急降下。

正直なところ、暇つぶしにもならなかった。

本当に面白いのだろうか?

私には、来年の今頃は、過去のものになっているような気がするのだが・・・・

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク