ツイッターその後

やりもしないで、批判をするのも、どうかと思ったので、ツイッターをやってみた。

感想は、やっぱりくだらない。

こんなものが、どこぞの誰かさんが言うような、情報を伝えるようなものになるとは思えない。

最初は、暇つぶし程度にはなるかと思ったが、既に飽きてきた。

それでも、なぜ、熱狂する人がいるのか?

私なりに考えてみた。

ツイッターの画面には、自分が登録した人の書き込みが表示される。

誰かを登録する事を、たぶん、フォローするって言うと思う。

その辺は、ちゃんと調べた訳ではないので確かではない。

もし、フォローした人が、どんどん投稿したとする。

すると、画面がどんどん更新される。

ここが、今までのホームページやブログと違うところかな?

ホームページなどの場合、リンクをクリックしなければ、基本画面がかわらない。

しかし、半自動でかわってくれるので、感覚的にはテレビを見ている感じに近いかも。

ま〜、情報の押し付けって感じにも見えるが。

しかし、人間、本来怠け者である。

自分から行動となると、躊躇してしまう。

そこのところが、ツイッターは新しいかも。

でも、表示される情報は、つぶやきといわれるだけあってくだらない。

まったく見知らぬ、他人の食事のメニューなんてどうでもいい事だ。

そんなものが楽しいのは、始めだけ。

すぐに、現実が見えてくる。

つまり、飽きてくる。

2chねるが、便所の落書きなら、ツイッターは、それ以下のようなきがする。

2chねるには、書き込みが多いスレを一覧にしたページがある。

こちら

http://newsnavi.2ch.net/

こちらのページを、自動でリロードしてくれた方が、ツイッターより価値があると思う。

ま〜、そんな事をしたら、サーバに負担が掛かるのでしないと思うが。

次に、魅力と思われることに、フォローされる数を増やす。

これは、ホームページなどでいえば、相互リンク見たいなものかも?

フォローされると、フォローしたあいての画面に自分の投稿が表示される。

一種の自己満足。

たとえ、相手が自分の書き込みを読んでいなくても。

普通は、読んでいないだろう。

なぜなら、次々に新しい投稿が表示されるからだ。

投稿したその時に、相手が画面を見ていなければ読んでもらえない。

それに、まったく他人の書き込みなんて、興味ないと思う。

それなのに、なぜ見知らぬ相手をフォローするのか?

確かではないが、自分がフォロー出来る数が決っているようだ。

それを増やすには、自分のフォローされている数を増やす必要がある。

だから、持ちつ持たれつの関係が成立する。

それに、人間は数字が好きだ。

なぜなら、子供のころから数字で評価されるからだ。

そのためか、フォローの数が増えると高揚を覚えるようだ。

それがわかるのが、フォロー数が、キリ番などを越えた場合の報告の書き込みだ。

正直なところ、他人のフォロー数なんて、まったく興味ない。

完全に自己陶酔の、自己満足の世界だ。

現代は、人との関係が希薄になっている。

誰もが、つながりを求めつつ、適度な距離感を求める。

ツイッターのフォローは、そんな隙間を埋める効果があるのだろうか?

ちなみに、私には、どうでもいい事。

しかし、私のフォロー数が増える事は、別の意味で興味がわく。

なぜなら、私のつぶやきは、ネガティブなつぶやきばかりだからだ。

それも、ツイッターを否定する事ばかり。

いま、ツイッターをやっている人は、ツイッターが面白いと思っているはずだ。

でなければ、とっくに止めている。

そんななかで、自分の価値観を否定するようなつぶやきをする人をフォローするとは・・・

ま〜、それも、他人の書き込みなんて読んでいないからそんな現象が起るのかも?

それより、自分のフォロー数を増やすことの方が重要なのだろう。

相手がどんなのでも構わない。

質より、量の世界なのだろう。

だから、数打てば当たる状態なのかもしれない。

今のところ、私が感じたのは、こんなところだ。

正直なところ、これ以上ツイッターを続けるのは辛い。

あまりにも意味が無さ過ぎる。

若い頃は、いかに大量にある時間を消費するかを考えていた。

しかし、年とともに、時間こそが一番大切だと思うようになってきた。

そんな大切な時間を、こんなツイッターごときで潰すのは、あまりにももったいない。

こんなものが、いつまでも流行るとも思えない。

もし、流行ったら、改めてやってみようと思う。

その時には、新たなる価値観が出ているだろう。

それから始めても、遅くはないのでないだろうか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク