百万回生きた猫!私もこの話はきらいだ

私:「私もこの話はきらいだ」

さ〜、今日も図書館に行くか〜

予約していた本が用意できたとの知らせが、図書館からメールできたので取りにいくことに。

受け付けカウンターに行くと、他の人がならんでいる。

まいったな〜

別に急いでいる訳ではないが、私は並んだり待つのが嫌いだ。

だから、食べ物でなら人などの気持ちがわからない。

そんな事を思い、ふと横を見る。

すると、数学に関する本が置いてあった。

その中の一冊を手にとって見た。

確率の本だ。

なぜ、その本を取ったか?

最近、私は株をやっている。

私にとって、株はギャンブルだ。

”それは違う”と言う人もいるだろう。

しかし、私にとっては、勝つか負けるかの勝負だ。

ただ今のところ、負けている。(涙)

そんな事もあり、確率の本をペラペラとめくって見た。

わからん。

簡単な数式だろうが、興味がわかない。

所詮、学問は学問だ。

いくらそのような勉強をしたからといって、儲かる訳では無い。

実は、前日にちょっとした公式を調べていた。

すると、ヘッジファンドのLTCMに関することを見つけた。

LTCMとは、ノーベル賞をもらった人などが役員になっていたファンドのことだ。

私からすると、ノーベル賞をもらうぐらい頭のいい人が運用するなら、絶対儲かる。

って思うのだが・・・

ま〜、世間の人もそのように考えていたようだ。

で、どうなったか?

破産しちゃいました。

所詮、学問は後付けって事でしょうか?

人間には、感情があり、欲がある。

ここんところは、まだ数値化出来ていないようだ。

はたして、解明出来る日は来るのだろうか?

それがわかれば、人生が味気ないものになるかもしれませんね〜

そんな事を思いながら、その確率の本を、そっと元の場所に戻した。

受け付けカウンターを見ると、次に待っていた人の対応をしている。

早くしてくれ〜

何気なく、その本の横に目をやった。

すると、絵本がある。

[ad]

絵本など、このような時でないと目にすることは無い。

そんな事を考えていると、一冊の絵本に目が止まった。

百万回生きた猫。

それが、絵本のタイトルだ。

へ〜、本当にあったんだ〜

まさは、私はこの絵本が存在するとは知らなかった。

十数年前の事だが、私は無職だった。

一応、夢はあったが、現実は厳しい。

これと言ってする事もなく、テレビを付けた。

その時に見たアニメが、ビバップカウボーイだ。

このアニメは、今でも好きなアニメだ。

そのアニメの終盤の話だ。

主人公、スパイクの愛する人が殺される。

そして、復讐に行く前の一コマだ。

相方のジェットに向かって話かける。

スパイク:「こんな話しってるか?」

ジェット:「あ〜」

スパイク:「あるとら猫がいた。その猫は、好きでもないいろんな飼い主達に飼われながら、百万回死に、生き返って百万回生きた。猫は死ぬのが怖くなかった」

スパイク:「ある時猫は、自由な野良猫だった。そいつは、白いメス猫に合い二匹はいっしょに幸せに暮らした。やがて月日が経ち、白い猫は年を取って死んじまった」

スパイク:「トラ猫は百万回泣いて、そして死んだ。そしてもう二度と生き返らなかった」

ジェット:「い〜話だ〜」

スパイク:「おれは、この話が嫌いだ。おれは猫がきらいだ」

ジェット:「だと思ったぜ」

二人は笑う。

ジェット:「スパイク!一つだけきいていいか?」

スパイク:「なんだ?」

ジェット:「女のためか?」

スパイク:「死んだ女のために出来ることなんてはないさ」

こんなやり取りが流れる。

この猫の話の部分が、百万回生きた猫の話だ。

このアニメは、未来の賞金稼ぎの話だ。

なぜ、アニメが好きかと言うと、ちょっと変わっているからだ。

物騒な話は、この百万回生きた猫の話が出てくる時ぐらいだったと思う。

それでも、戦闘シーンはちょくちょく出てくる。

普通のアニメなら、戦闘シーンは景気のいい音楽が掛かる。

ガンダムなどがいい例だろう。

しかし、このアニメは違う。

そこには、戦う事に格好良さはない。

淡々と話が流れる。

終盤は、過去を振り返るシーンが多い。

これって、子供向けか?

このビバップを熱く語る子供を見たくない。

それは、小学生がブルースやジャズを熱く語るようなものだ。

そんなガキみたくないぜ〜

そして、百万回生きた猫。

これって、子供向けの絵本か?

私には、作者のいいたいことがわからない。

猫に、百万1回目は無かった。

もし、私が猫なら、百万回以上生き返っているだろう。

なぜなら、そんな幸せは無いからだ。

だけど、人間は1回で終わりだ。

もちろん私も。

人生ってこんなものか?

映画やドラマなら、ハッピーエンドがある。

私には用意されているのだろうか?

百万回生きた猫

私:「私は、この話が嫌いだ」

今、部屋にはただ一人。

一緒に笑ってくれる人はいない。

たぶん、これからもだろう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク