あてになるの?景気に敏感な浴衣 今年の流行色、デザインは?

浴衣は、景気動向と密接な関連があるとされているそうです。

あてになるのか?

6、7年ほど前は、明るい浴衣に人気が集まったそうです。

この時は、景気が回復軌道にのっていたとか。

そうなんですか?

私は、バブルが弾けた頃から働き始めました。

だから、景気のいいってのがわかりません。

それから、ず〜と不景気といわれています。

そのため、この状態があたりまえ。

6、7年前って景気回復の兆しがあったのですか?

私は、まったく感じませんでした。

たぶん、私のような最下位層の人間まで恩恵を受けるには、またバブルがこないと無理では?

今のところ、何とか食べていけてます。

最近では、ま〜これでもいいかな〜って諦めムード。

景気がよくなると、これよりもっといい生活ができるの?

いまいちイメージがわきません。

もう既に貧乏生活がシミついています。

急にお金が入ってもどうしていいのやら。

最近、暑いのでアイスクリームを食べています。

だいたい1日置きぐらい。

別に貧乏だから毎日食べ無い訳ではありません。

たぶん・・・

実は、私はお腹が弱い。

そのため、お腹をやすめるために一日おきにしています。

景気がよくなると収入が増える。

一応、使いたくなる。

そして、毎日アイスを買ってしまう。

その結果、毎日お腹をこわしてしまう。

私にとって、景気回復は不幸でしかない。

なんて言い訳をしながら生きてきました。

そんな言い訳をせずにすむ生活が欲しい。

早く景気回復しないかな?

いまでは、そんな願いも夢物語になりつつあるようなきがします。

とほほ・・・

景気に敏感な浴衣 今年の流行色、デザインは?

【人気の一品】

夏のファッションの代表である浴衣は、景気動向と密接な関連があるとされている。前回の人気のピークは、ちょうど国内景気が回復軌道に乗りだした今から6、7年ほど前。このころは比較的明るい色彩の浴衣に人気が集まった。

昨年は世界同時不況直後で企業が業績不振にあえぎ、企業からの協賛金が集まらない花火大会の中止が相次いだ。このため、百貨店各社の浴衣売り場はどこも大苦戦だった。

名古屋三越栄店(名古屋市中区)は今年、浴衣売り場に力をいれている。紺地や白地、大きな花柄のデザインが人気を集めており、「Tシャツと同じように1度買えば、何年かは着続けられるのが浴衣の良いところ」(加知卓也呉服担当課長)。

愛着のある浴衣を少しでも長く着られるようにと、売り場では例年以上に小物類を充実させている。帯締め(中心価格帯4千〜6千円前後)、飾り帯(同6千円前後)、小物を入れるきんちゃく(同1万円前後)などを数多くそろえた。

「その場で浴衣に着替えて、花火大会に出かけていただこう」(加知課長)と、海の日(19日)、25、31日と8月7日に、浴衣と帯をセットで3万1500円以上買うと、着替えを自宅に無料で配送してもらえるサービスも実施。この粋なサービスは夏男、夏女の心をつかむことができるのか…。

景気に敏感な浴衣 今年の流行色、デザインは?(産経新聞) – Yahoo!ニュース.

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク