計画的に!「手ぶら思いつき」で富士登山、「助けて」

富士山の8合目から、携帯で助けを求める電話があったそうです。

その人は、装備もなく、なにげな〜く富士山に登ったようです。

山を知っている人なら、たぶん無謀な行動に怒りたくなるかもしれません。

しかし、私もこの人の気持ちがわからないでもない。

だって、富士山だよ。

それほどの山?

富士山といえば、日本一高い山です。

でも、エベレストくらべれば、その半分ぐらいですか?

車で途中まで行けたと思います。

なんか、その辺の山より、ちょっと高い山ってイメージがあります。

だから、ちょっとチャレンジしてみようってきになるのでは?

山の天気は変わりやすいっていいます。

ニュースで毎年のように遭難者のニュースを見ます。

まるで、別世界のような感じで聞いています。

あの富士山で遭難?

私も子供のころに富士山につてれいってもらったことがあります。

登ったのかな?

記憶にありません。

私の記憶は、遠くからみた富士山しかありません。

イメージ的にそれほど高い山とは思いませんでした。

そんなに富士山てすごいところ?

私もちょっくら、登って見ようかな。

ところで、富士山の6合目付近の気温は2度だとか。

そして、

山頂は最暖月の8月でも平均気温が6℃しかない。
ウィキペディア
http://ja.wikipedia.org/wiki/富士山

だそうです。

やっぱり、別世界なんだな〜

ま〜、大阪から富士山は遠いし、そんな暇もお金いし〜

これで我慢するか〜

と思い、グーグルマップで富士山を見ようと思ったのだが・・・

パソコンが重くて断念。

やはり、富士山への道のりは厳しかったです。


「手ぶら思いつき」で富士登山、「助けて」

2日午後9時45分頃、富士山の8合目付近にいるという男性から「一人で富士山に登ったがライトを持っておらず、暗くて道がわからない。怖いので助けてほしい」と119番があった。

静岡県警富士宮署などの山岳救助隊員6人が出動し、午後11時半頃、6合目(標高2490メートル)まで自力で下りてきた男性を保護した。男性にけがはなかった。

同署の発表によると、男性は東京都中野区のパチンコ店店員(22)。2日午後5時頃、静岡県側の富士宮口5合目から入山し、9合目(3460メートル)付近まで登ったところで断念して下山を始めたが、暗くなったため携帯電話で救助を求めたという。

男性は長袖のカッターシャツにジーパン、スニーカーの軽装。食料や装備もなく、手ぶらだった。富士山は1日に山開きしたが、6合目付近の気温は2度。男性は登山歴もなく、「思いつきで登ってしまった」と反省した様子だという。同署は「人騒がせな話。一歩間違えば命にかかわる。夏山でも装備はしっかりしてほしい」と訴えている。

「手ぶら思いつき」で富士登山、「助けて」(読売新聞) – Yahoo!ニュース.

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク