さっさと食え!イノシシ? クマ?/坂出で「珍品」ナス

香川県坂出市林田町の畑で、動物の前足のような二つの突起のあるナスが採れ、近所の話題になっているそうです。

どんなナス?

え〜と・・・

説明が面倒なので、この下を見てください。

元記事と、その画像があります。

ナスで動物といえば、お盆を思い出します。

たしか、きゅうりや、なすにマッチ棒などをさして、お供えしたと思います。

これは、たしかあの世にいった人が、これに乗って帰ってくるためだったと思います。

じゃあ、今回のなすなら、足を付ける必要がないかも?

でも、私には、このなすが、くまのぷーさんのようなものに見えます。

ちなみに、わたしは、ぷーさんが嫌いです。

なんか、中年のおっさんってイメージがあるもので。

それに、トロくさいところがむかつく。

そんなものに、あの世から乗ってこれないよ〜

わたしなら、そんなとろくさいプーさんを蹴飛ばしています。

早くいけってことで。

でも、プーさんは一応は熊。

温和なプーさんも怒ることもあるでしょう。

蹴飛ばされれば・・・

がぶっと、ひとかみされたりして。

こんな物騒なぷーさん茄子は飾れんな。

やっぱり、さっさと食べるに限る。

でも、こんなに大きければ、おいしくないかも。

なんか、急になすが食べたくなったな〜

明日にでも、ナス買ってくるかな?

イノシシ? クマ?/坂出で「珍品」ナス

これはイノシシや。いやクマや—。香川県坂出市林田町の大西義春さん(74)方の畑で、動物の前足のような二つの突起のあるナスが採れ、近所の話題になっている。

ナスは、ヘタに近い部分に小さな2本の「足」が生えている。平らな所に置くと、ヘタを頭に、前足を踏ん張った動物の姿にそっくり。

長年、野菜を作る大西さんも初めての「珍品」。ナスを収穫しようと畑に行き、丸々と太った一つに手を伸ばすと、丸いはずのナスが枝に引っかかる。不思議に思ってナスを裏返すと、2本の足が枝に絡まっていたという。

「ナスは煮付けが好き」という大西さん。「食べるのは惜しいが、いくら動物に似ててもはく製にはならんわな」。
イノシシ? クマ?/坂出で「珍品」ナス | 香川のニュース | 四国新聞社.

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク