自信無いの?「愛の証し」か「景観破壊」か=セーヌ川の橋、無数の南京錠−仏

パリのセーヌ川に架かる、ある橋に南京錠を掛けるのが流行っているそうです。

うん?日本でも同じような事があったようなきがします。

で、何で話題になるかというと・・・

見た目が悪いからです。

そういえば、日本でも同じ理由で話題になっていたと思います。

なんで、こんなことが流行っているのか?

ま〜、映画やドラマの影響でしょう。

パリの場合は、イタリアの恋愛小説がブームのきっかけのようです。

たぶん、小説ではおしゃれな感じだったのでしょう。

でも、私からいわせれば、愚かでしかありません。

あんたらの関係って、形にしなければ維持出来ないの?

ま〜、実際、年々離婚率もあがっていますし〜

人間の恋愛も、動物なみに本能に忠実に向かっているように思えます。

南京錠に鍵掛けるなら、心に鍵掛けろ〜

上手いこといいますね〜

このニュースに対するコメントの一つです。

そう言えば、昔の事です。

私は、とても根性がまがっていました。

どれくらいって?

今では考えられませんが・・・

「人の不幸は、自分の幸せ」

と公言していました。

それほど、人の不幸が好きでした。

だから、学生時代、恋人のいる人を狙って、声かけていました。

ま〜、対象者は、それなりの理由はありましたが、状況説明が面倒なので、また今度。

で、結果です。

面白かったですよ〜

うまくいきまくり。

今から考えると、よく殺されなかったと思います。

中には、私が原因で、学校をやめて人もいます。

私は大笑い。

今から考えると、かなり屈折していました。

こちらは、前もって調査しているので、声掛けた人に恋人がいるのをしっています。

でも、その人は、それを隠そうとします。

私も、気づかないふりをしていました。

すべてが、私の手の平の上です。

で、そんなこともあり、私はいい年して一人です。

なんでか?

今の私は、かなり人間不信です。

つまり、愛なんて信じない。

人間は、ときには愛を語ります。

でも、結局は、自分に得かどうかです。

そうやって、人間は自分を正当化します。

だから、平気で人を裏切ります。

えっ!私の思い込みだって?

いや、案外、あなたの恋人は他の人と浮気しているかも。

そんなんじゃあ、ある日、突然別れを告げられるよ。

昔の私なら、大笑いだけれど・・・

人の痛みがちょっとわかるようになったので、出来るならご勘弁を。

「愛の証し」か「景観破壊」か=セーヌ川の橋、無数の南京錠−仏

パリ中心部のセーヌ川に架かる歩行者用の橋「ポンデザール(芸術橋)」で、手すりの金網に南京錠を掛けるのが流行している。恋人たちが永遠の愛を誓うため、錠前を装着し鍵を川に投げ捨てるという趣向だが、橋を管理する市は「景観上好ましくない」と苦い顔だ。
 この流行は、イタリアの恋愛小説に出てくる場面をまねたものと言われ、今年春には錠前が2000個近くに達した。5月に何者かが大半を撤去する「事件」も起きたが、再び増え始め、夏のバカンス期に入った現在は、大小さまざまな南京錠が数百個、金網の至る所に取り付けられている。
 ルーブル美術館に近いこの橋には、外国人観光客も多数訪れる。通りかかったオーストラリア人の中年夫婦は「ロマンチックだね。わたしも鍵を掛けたくなったよ」と肯定的。恋人を連れた米国人の若い男性は「確かに見苦しいけど、アイスクリームのカップを捨てるよりましだ」と話す。

時事ドットコム:「愛の証し」か「景観破壊」か=セーヌ川の橋、無数の南京錠−仏

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク