面白いけど、安全か?テレビでもタンスでも飛んでこい、絶対安全

和歌山県のお好み焼き店経営者が、2年がかりで「耐震避難カプセル」を考案したそうです。

ついでに、特許を取得したとか。

どんなの?

これです。

うお〜、すごい〜

これで、安全だ〜

っていいたいですが、それと同じだけ、ツッコミどころ満載の商品です。

本当に、これで安全なのだろうか?

確かに、倒れてくる物に対してはこれで対応出来るでしょう。

私も、阪神大震災を経験しました。

あのとき、あの時間、私は夢の中でした。

でも、あの揺れで目が覚めました。

うわ〜死ぬ〜

って思いました。

そして、同じ死ぬなら、布団の中でって事で、頭から布団をかぶりました。

その後です。

私は部屋にテレビをおいていて、そのテレビのアンテナを室内においていました。

それが、地震の揺れで落ちてきました。

でも、布団の中に潜っていたので、何ともありませんでした。

ま〜、アンテナぐらい、当たっても怪我はしないでしょうが・・・

さて、このカプセルですが、いくらするのでしょうか?

きになったので、調べてみたがわかりませんでした。

ところで、なぜ、私がこの商品がきになるかというと・・・

ある商品に似ているからです。

それは、これ

その名は、ねころん。

そう、猫のお家です。

私は、この商品(ねころん)を見たときに、私も入ってみたいな〜って思いました。

今回のカプセルは、その夢を叶えることができます。

あえていうなら、ねころんと同じデザインにしてほしいですけど。

そう、耳を付けてほしいです。

これさえあれば、あなたも、猫の気持ちがわかるかもしれません。

さあ、みんなでこのカプセルを買いましょう。

そうすると、単価も安くなるでしょう。

ま〜、私は、すぐ飽きると思うので、いりませんけどね。

テレビでもタンスでも飛んでこい、絶対安全

地震の際、とっさに逃げ込んで倒れてくる家具や柱、壁から身を守るため、和歌山県由良町衣奈のお好み焼き店経営大川勝義さん(69)が2年がかりで「耐震避難カプセル」を考案、特許を取得し、試作品を完成させた。

大川さんは、「私自身が怖がりで、何とか助かる手だてはないかと考えたのが発想の原点」と笑い、出来栄えに満足そうだ。

大川さんは、阪神大震災や新潟県中越沖地震などのニュースを見るたびに、自宅でがれきの下敷きになり、亡くなる人が多いことに胸を痛め、「倒れて来るタンスやテレビから身を守る方法はないか」と考えるようになった。そのためには、安全な空間を確保することが第一。揺れが来たらすぐに避難できるよう、耐震性のある半球形のカプセルを作り、寝室に備えておけばよいのでは、と思いついた。

昨年、特許を取得。地元には試作品を手がけてくれる業者は見あたらず、製作は東京のプラスチック製造工場に依頼。ファクスで約20回やり取りしてデザインなどを固めていき、今年5月、完成にこぎ着けた。

材質は、軽くて強度があり、ボートの船体などにも使われる繊維強化プラスチック(FRP)を採用。厚さ3ミリで、直径1メートル、高さ1メートルの半球形とし、幅50センチの入り口を2か所作った。重さは15キロで持ち運びも可能。500キロの耐圧があり、タンスやテレビが飛んできても安全が確保出来るという。

2人が入ることが出来、内部に水やラジオ、非常食などを備えれば、救出までに多少時間がかかっても、しのぐことができる。FRPをもっと厚くし、大きなものを作れば、集団での避難場所にも応用できるという。
テレビでもタンスでも飛んでこい、絶対安全(読売新聞) – Yahoo!ニュース.

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク