見たい?ナナちゃんが初の花嫁姿に

ナナちゃんが、初の花嫁姿になったそうです。

ナナちゃん!だれ?

これって、その地域以外の人以外は、あまり知られていないのでは?

今回の、ナナちゃんとは、名古屋にあるナナちゃん人形の事です。

実は、私は、ナナちゃん人形を見たことがありません。

しかし、名古屋には何度も行ったことがあります。

昔、名古屋に友達が住んでいたので、月に一回は名古屋に行っていました。

そして、このナナちゃんがある辺りを、いつもブラブラしていたのですが・・・

あらためて、ナナちゃんについて、ちょこっと調べてみました。

ナナちゃん人形
ヤング館の前に立つ巨大マネキン”ナナちゃん人形”は名古屋駅の待ち合わせ場所として有名。1973年(昭和48年)、「セブン館」の1周年を記念して設置された。

プロフィールでは、スイス生まれ(スイス製)、身長610cm、体重600kg、スリーサイズはバスト207cm、ウエスト180cm、ヒップ215cmとなっている。名前の由来は、ヤング館の旧称であるセブン館の「7」から。

季節によって様々な服や水着に着替え、行政イベントや、ユニフォーム姿で中日ドラゴンズの応援媒体としても活躍し、着替えた後の姿が地元マスコミで報道される事もある。イベントなどのない場合に無着衣のこともある。
http://ja.wikipedia.org/wiki/名鉄百貨店

ところで、ナナちゃんってどんなの?

イメージ的には、とってもかわいいのを想像してしまいます。

そこで、今回の、花嫁姿のナナちゃんです。

これです。

すいません。

このブログのソフトが上手く使えてないので、顔が見えません。

たぶん、画像をクリックすると、顔が見れると思うのですが・・・

見ない方がいいかも?

いえ、とっても、スタイルはいいですし・・・

私は、始めてナナちゃんの画像を見たとき、実は、これって隠したいのかも?

って思いました。

だって、かわいくないんだも〜ん。

だから、全国的に知られていないんでは?って思いました。

もしかして、知らなかったのは、私だけ?

ま〜、知名度といえば、大阪の道頓堀のカニの看板といい勝負でしょうかね〜

大阪に住む私としては、カニの方が有名だと思うのですが・・・

いずれ機会があれば、本物のナナちゃんを見たいです。

でも、もう友達は名古屋にいません。

それに、休日といえば、家にこもって寝てばかりいます。

はたして、本物が見れるのはいつになるやら。

ナナちゃんが初の花嫁姿に

ゼクシィ東海版とコラボ ブーケプルズのイベントも

中村区の名鉄百貨店本店ヤング館前に立つ「ナナちゃん人形」が18日、ウエディングドレス姿になった。37年前のナナちゃん登場以来、花嫁姿は初めてという。26日まで。

結婚情報誌「ゼクシィ東海版」の15周年記念企画。身長6.1メートルのナナちゃんが着たのは、立体の花が編み込まれた流行中のミニドレスで、人間7人分の生地を使った。

この日は、花嫁のブーケと結ばれたリボンを引き当てた人が次に結婚できるとの言い伝えがある「ブーケプルズ」もあり、女性15人が挑戦。幸運を引き当てた港区の大学4年生は「将来は優しい方と結婚したい」と語った。

ナナちゃんが初の花嫁姿に:トピックス:中日新聞女性向けサイト:オピ・リーナ(Opi-rina)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク