芸人の言うことは、やっぱり当てに出来ない?

久しぶりに、パソコン以外の本を読みました。

その本のタイトルは、

”なぜド素人経営者の焼肉屋は繁盛したのか?”

です。

内容は、タイトルからわかるように、焼肉屋の経営のエピソードです。

で、作者は、タレントの”たむらけんじ”です。

実は、私はこの芸人についてよく知りません。

なんせ、私はテレビを見ないので・・・

本当は、テレビが無いからです。

とはいえ、今までまったくテレビを見ていなかったわけではありません。

テレビはあったのですが、壊れてしまいました。

それから、テレビを見ていません。

さて、今回の芸人は、テレビがあったころ見た記憶があります。

間違っているかもしれませんが、私の記憶では、裸にサングラスをして、獅子舞を持っていたと思います。

調べればすむことですが、それすらしようと思いません。

なぜなら、それほど魅力の無い芸人だったからです。

つまり、面白くない。

つまらない芸人ってイメージです。

そんな芸人の本を、なぜ読んだか?

タダだったから読みました。

図書館に行くと、新刊のところに、この本がありました。

ま〜、芸人の本。

それも中途半端な奴の本だから、読む価値はないだろうと思っていました。

しかし、世の中には、例外もあります。

イメージだけで判断するのは、愚かです。

そこで読んでみました。

すると、思ったより面白かったです。

でも、始めだけ。

途中から、読むのがウザくなってきました。

なんか、説教くさくて。

例えば、「人こそすべて」

これは、この本の第2章です。

もう既に、この辺で、飛ばし読みしていたので、あまり内容は覚えていません。

いま、本をパラパラめくっていると目についた見出しは・・・

「仕事で嫌われ、人として好かれろ」

これをみて、あんた、人として好かれているのか?って聞きたかったよ。

さらに進むと、給与の話がありました。

それによると、責任ある仕事についていると、600万円以上あるようです。

実は、私はここまで読んで、挫けてしまいました。

ほんまか?

私の頭の中に、そんな疑問が浮かびました。

タレントといえば、それだけでお客さんは集まります。

しかし、ブームというのは、一気にふくらみしぼむものです。

改めて、この本の発行日を見ました。

すると、初版は2009年です。

これは去年の話です。

もしかしたら、事態はかわっているかもしれません。

そこで、この店の評判を調べてみることにしました。

こちらのサイトです。

http://restaurant.gourmet.yahoo.co.jp/0007222055/review/

おい、本に書いてあることと、お客さんの感想は違うやん。

本から想像する、お客さんの感想は絶賛です。

ま〜、世の中、それはまれな事です。

少しは、きびしい意見もあるでしょう。

でも、実際の感想は、それ以下。

だまされただの、2度と行かないの嵐です。

また評価も、5段階評価の1、つまり最低が一番多いです。

ところで、芸人は、一般的に多げさに言う傾向があります。

それは皆を楽しませるためのサービスでもあります。

しかし、それが見え見えだと、場をしらけさせてしまいます。

もうすこし、客観的に物事を見るのも必要では?

実は、私はこの芸人の店に行きたいと思っていました。

しかし、この感想をみて、そんな気分はなくなりました。

ま〜、つぶれる前に、話の種にいってもいいかも知れませんね。

こんな店なら、そんなに長続きなしないでしょう。

だって、商売をするうえで、評判ほど怖いものはないですから。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク