決ってるじゃん?結婚できる人、できない人の違いは?

結婚できる人、できない人の違いは?

う〜ん。

何かな〜

それは、ずばり出会いがあるかどうかでは?

ま〜、今となっては、私にはどうでもいい事です。

そりゃ〜、私も考えたことはあります。

で、どうか。

私は、一人寂しく老後をくらし、孤独死します。

って人から見たら、そのように見えるでしょう。

でも、私から言わせれば、

人間、一人で生まれてきて、一人で死んでいく。

双子の場合は?

そんなツッコミは無ということで。

私は、結婚することはないでしょう。

そのように人に言うと、

「寂しくない?」

って聞かれます。

私の答えは

「別に〜」

です。

これを聞いて、負け惜しみって思うかもしれません。

しかし、私の場合、ず〜と一人です。

これが普通です。

逆に、だれかといることの方が信じられません。

人間、もっているものを失うと、寂しいですが、最初からもっていなければ、何ともないものです。

私の場合、結婚も、これと同じような感じです。

私は、休みの日は、家にいます。

そして、本を読んだりしています。

これが一番楽しいかも。

逆に、人と合うのがわずらわしい。

そんな私ですが、やっぱり寂しくなるときがあります。

そんな時はどうするか?

食べて寝る。

すると、また、一人の方が良く感じます。

どうも、弱気になると、寂しくなるようです。

だから、私の場合、寂しくなるのは、体の調子の悪い現れです。

そのため、体力を回復するために、食べて寝る。

これに限ります。

ところで、結婚っていいもの。

いまでは、離婚は当たり前になってきました。

だって、私の回りで、バツイチの多いこと。

もしかして、これって特別?

いや〜、データ的にも離婚は増加傾向にあると思います。

こうなると、結婚の意義を聞きたくなります。

私は、結婚ってもっと神聖なものだと思っていたのですが・・・

ま〜、それもひとそれぞれ。

その人が満足した人生を送れれば、結婚なんてどうでもいいと思うのですが?

私の場合、結婚より、食べていけるかどうかの方が心配です。

もし、その心配がなくなれば、結婚って悩みがでてくるかも?

そんな日が来るのだろうか。

もうすこし、人並みの生活&悩みを持ちたいものです。

結婚できる人、できない人の違いは?

  活動を見直そう

  「婚活」が定着し、ブームになって2年が過ぎようとするなか、婚活の成果が出た人、結果がなかなか出ない人の差が出てきている。ここで一度立ち止まり、その差がいったい何なのか、洗いなおしたほうがよさそうだ。

  そもそも「婚活」という呼び名の提唱者である白河桃子さんは言っている。婚活とは「意識の変換」であり、使ったお金や参加したパーティの数で図るものではないのだと。

  変換すべきこと

(1)待っていても結婚できるという受身の姿勢
(2)お父さんお母さん時代の「夫の稼ぎがメインで生活が成り立つ」という昭和的結婚観

  この2つの変換がキーなのだそうだ。

  婚活ブームにより受け身の姿勢は変わったものの、婚活をすればするほど条件重視に走ってしまう傾向は、昭和的結婚観に拍車をかけている証拠だ。しかも養ってもらおうという思いが強いほど、出会いたい男性は限られる上に、「頼りたい」というオーラが男性を遠ざけるらしい。

  こんな婚活難民に白河さんからのアドバイスは「惚(ほ)れ力」。ベテラン結婚カウンセラーによれば、結婚していく人=惚れっぽい人だそうだ。婚活に最も重要な「惚れ力」全開で、秋の活動に臨んでほしい。

結婚できる人、できない人の違いは? 2010/09/05(日) 21:47:56 [サーチナ].

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク