おめでとう?人間だと100歳、長寿「レオ」おめでとう

山口県の動物園で、ライオンの長寿をお祝いしたとか。

このライオンの年齢は、推定22歳だそうです。

22歳で長寿?

なんて、ライオンの寿命は短いのでしょうか。

でも、この年齢は、人間に当てはめると100歳だとか。

すると、他のライオンはもっと寿命が短いの?

そこで、ライオンの寿命を調べてみることにしました。

私の予想では、15年くらいが平均的な寿命だとおもうのですが・・・

だから、

なんて、ライオンは短命でかわいそうなの〜

って流れを予想して、寿命を調べたのですが…

場所によっては、25〜30歳と書いてあるところもありました。

他は、

インドライオンが、25~30年ほど
アフリカライオンが、15~20年だそうです。

上の情報は、
http://ja.wikipedia.org/wiki/インドライオン
から引用しました。

な〜んだ、22歳って、そんなに長寿じゃないじゃない。

実は、私は、この元記事を見たとき(元記事は、この下にコピペしています)、本当におめでとうなのかと思いました。

だって、長生き出来たのは、人間によって管理されたおかげだからと考えたからです。

つまり、自由と引きかえに、長寿を手に入れたイメージがあったからです。

おめでとうと言えるのは、人間の基準で、ライオンにとっては、本当におめでとうかわかりません。

そんな事を書くつもりでした。

しかし、実際は、それほど長寿ではないとわかって、そんな考えも消えました。

さて、長寿って、そんなにめでたいことなのでしょうか?

ライオンの年齢を、人間に置き換えていたので、このライオンを人間に置き換えてみます。

私の回りにも、年寄りがたくさんいます。

たぶん、年金をもらっているのでしょう。

そのため、働くこともなく、またやることもなく毎日をすごしています。

生活の心配は、一応無いと思います。

人とあうと、たわいもない話を大声でしています。

ま〜、大声ってところは、疲れて寝ている私にとって、非常に迷惑ですけど。

とくに、病気自慢は鬱陶しいです。

はたして、これって幸せなんでしょうか?

私は、ライオンになったことはないので、ライオンの気持ちはわかりません。

しかし、案外、こんな年寄りと同じ気持ちかもって思ったのですが・・・

人間だと100歳、長寿「レオ」おめでとう

 敬老の日を前に、国内最高齢のライオン「レオ」(雄、推定22歳)の「ご長寿お祝い会」が18日、山口県の周南市徳山動物園で開かれた。

 レオは生後約半年の1988年11月に来園。雌のナナ(2008年死亡)との間に35頭の子供が生まれ、全国各地の動物園で飼育されている。今年7月、茶臼山動物園(長野市)のライ太が23歳4か月で死んだことで、最高齢となった。人間では100歳に相当するという。

 獣舎の前で開かれた会では、来園者がくす玉を割って長寿を祝った後、三崎英和園長が1キロの牛肉をプレゼント。レオは大きな口でかぶりつき、一気に平らげた。食後も獣舎の中をゆっくりと歩き回り、来園者を楽しませていた。

 家族4人で訪れた下松市東陽、山本樹ちゃん(4)は「大きくて格好いい。いつまでも長生きしてほしい」と話した。

人間だと100歳、長寿「レオ」おめでとう (読売新聞) – Yahoo!ニュース.

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク