おいおい!海洋機構、またなくす 今度は観測装置5千万円分

人間は、ミスや失敗をするものです。

私も、学校を卒業して、働き始めたころ、よく失敗をしました。

もちろん怒られます。

そして、同じ失敗を2度としないよう言われます。

さて、話はかわり、海洋研究開発機構は、観測装置4機を無くしたと発表したようです。

ふ〜ん。

ま〜、科学的分野には失敗やミスはつきもの。

って、流そうと思ったのですが・・・

その無くした装置のお値段。

4機で約5000万円。

安くないです。

それほどの装置なのに、もうちょっと対策は出来なかったのでしょうか?

例えば、GPSみたいなのをつけるとか。

そう、迷子になった人など、位置情報がわかるやつです。

たぶん、ついているとは思いますけど・・・

それでも、科学の進歩に失敗はあたりまえ。

挫けず頑張ってほしいですって思ったのですが、実は、8月にも他の物を無くしているそうです。

その価格、約1億3千万円。

前に比べて、今回は、小額になりました。

えらい、えらい。

っていえるか〜〜〜

そもそも、こんなに、度々高額なものを無くすようなところが調査して大丈夫なのか?

こんな調査より、海洋研究開発機構を調査する方が先じゃないのかな〜

絶対、内部に問題があると思うけど・・・・

海洋機構、またなくす 今度は観測装置5千万円分

海洋研究開発機構は22日、北極海の海底に設置していた潮流や水温などの観測装置4機(計5千万円分)をなくしたと発表した。2008年度と09年度に水深106〜282メートルの海底に設置。今月上旬から回収作業をしていた。

海洋機構によると、海底から装置を切り離し、回収するための信号を送ったが反応がなく、流失した可能性が高いという。装置は流速計や水温塩分計などをワイヤでつなげてあり、1機1千万円から2千万円。

海洋機構は8月にも、紀伊半島沖で海底掘削調査用のパイプなど約1億3千万円相当の機材を紛失している。

asahi.com(朝日新聞社):海洋機構、またなくす 今度は観測装置5千万円分 – サイエンス

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク