そんなになるの?祝賀ムード一色に=統一20年で記念式典—東西格差、改善の兆し・ドイツ

3日で、東西ドイツ統一から20年になるそうです。

えっ!もうそんなになるの?

私も年を取るはずです。

20年か〜

その年に生まれた人が、成人って事です。

じゃあ、その時を知らない人も、普通にいるってことですか〜

さて、そんなドイツの統一ですが、これといった思い出ではありません。

なんせ、あの頃は今以上にバカでしたから。

社会のニュースなんて、まったく興味ありませんでした。

憶えていることといえば、壁の上に人が乗って、さわいでいる映像ぐらい。

もし、それが今なら、色々調べたことでしょう。

たとえば、ネットで・・・

あれ?そういえば、あの頃はネットがなかったような・・・

そう、今では当たり前のネットがありません。

調べるとなると、新聞、テレビ、本ぐらいです。

でもそれって、かなりフィルターのかかった情報です。

しかし、今は違います。

まったく無名の人の、つぶやきとやらまで知ることが出来ます。

まさか、こんな時代になるとは思いませんでした。

では、後20年たったらどうなるのでしょう。

無名の人の寝言までわかるかも?

ま〜、それが何の役にたつかはわかりませけどね。

祝賀ムード一色に=統一20年で記念式典—東西格差、改善の兆し・ドイツ

 1990年の東西ドイツ統一から20年となる3日、北西部のブレーメンで記念式典が開かれた。式典ではパレードやコンサートを開催。統一時からの課題だった東西格差に改善の兆しが見え始める中、ドイツは祝賀ムードに包まれている。
 式典にはメルケル首相やウルフ大統領のほか、周辺諸国との交渉に当たり、統一実現に大きな役割を果たしたゲンシャー元外相ら約1400人が出席。欧州連合(EU)欧州委員会のバローゾ委員長やファンロンパイEU大統領(首脳会議常任議長)をはじめとする外国要人も招かれた。
 ウルフ大統領は式典で、「自由のために戦ったすべての人に敬意を表する」とあいさつ。統一後に移民問題が新たな課題に浮上したことを踏まえ、宗教の枠組みを超えた連帯を国民に呼び掛けた。
 記念式典は毎年、各州の持ち回りで開かれ、今年はブレーメン州が主催。統一20年に合わせた行事は、このほかにもベルリンなど各地で1日から実施された。 

祝賀ムード一色に=統一20年で記念式典—東西格差、改善の兆し・ドイツ (時事通信) – Yahoo!ニュース.

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク