あなたのイメージって・・・セレブをイメージ、日本一の女子高生Tシャツ

「Tシャツ職人グランプリ2010」ってのが開催されたようです。

私は、こんなグランプリは、まったく知りませんでした。

結果は、奈良県香芝市の靴下製造「日本ニット」のデザインが受賞したようです。

さて、言葉は時代と共に変わります。

例えば、カリスマ。

この言葉は一時期流行りました。

本来の意味は、かなり崇高なイメージがありました。

しかし、今では、カリスマの意味は、アマ以上、プロ以下って感じではないでしょうか?

どっちにしても、カリスマって言われる人が、それほどたいした事無いのは確実でしょう。

さて、なんで、「Tシャツ職人グランプリ2010」の話から、言葉の話をしたかといいますと・・・

グランプリを受賞したTシャツのイメージは、“セレブな女子高生”のイメージだとか。

まず、セレブ。

これも、一時期、色々なところで見ました。

本来のセレブって、もっと上品なものだと思っていたのですが・・・

これも、かなり地位がさがって、庶民よりちょっと上って感じではないでしょうか。

ちょっと金持ちって意味がぴったり?

しかし、この金持ちは、見ためだけって場合もあるようです。

そんなセレブ。

そして、女子高生。

私にとって、この2つは、イメージ的に結びつかないのですが・・・

ま〜、あえて考えると、女子高生が、よからぬ事をして、おじさまからお金をもらってお金持ち。

だから、セレブな女子高生?

かなり、どす黒いイメージです。

そこに、気品など感じません。

まさに、そんな訳のわからないイメージを実現したのが、今回のグランプリ作品でしょう。

これが、そのグランプリです。

Tシャツ職人グランプリを受賞したTシャツ

なんと・・・・・

実に素晴らしい。

私など、まったく理解できません。

最後に一言。

こんな服着て、私に近づかないでね♪

セレブをイメージ、日本一の女子高生Tシャツ

奈良県香芝市の靴下製造「日本ニット」のデザインしたTシャツが、業界誌の主催する「Tシャツ職人グランプリ2010」で、全国81点の中からグランプリを受賞した。

同グランプリは、全国のTシャツ店や製造現場で働く「職人」の技術向上を目的に、業界誌が今年6〜7月、「女子高の3年生が体育祭で使うクラスTシャツ」をテーマに作品を募集。プロのデザイナーや現役女子高生らによる1次審査、投票による2次審査が行われた。

同社のTシャツは、ピンク色のグラデーションを基調に、前面にラインストーン(人工宝石)をちりばめた校章をあしらい、横側にはハート模様を印刷。“セレブな女子高生”のイメージに仕上げた。

審査では、技術力が高く評価されたといい、デザインを担当した小林秀規マネジャー(46)は「360度どこから見ても楽しいデザイン。現役女子高生からも支持され自信になった」と言う。

同社は靴下やタイツの製造会社として1943年に創業したが、近年は、Tシャツなどへのプリントも受注が伸びているという。里井謙一専務(36)は「こだわりが詰まった作品が評価され、うれしい。今後も、奈良でのものづくりに力を注いでいきたい」と喜んでいる。
セレブをイメージ、日本一の女子高生Tシャツ : 経済ニュース : マネー・経済 : YOMIURI ONLINE(読売新聞).

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク