私も頼みたいぞう!ゾウの牙に虫歯、インド歯科医が大治療

インドで、虫歯のゾウに、歯科医師らが治療を行ったそうです。

子供のころ、動物が虫歯になったらどうするんだ?

って思っていました。

でも、調べてみると、動物は虫歯にならないようです。

なぜなら、砂糖を食べないからだそうです。

これに関しては、記憶を頼りに書いているので、間違っているかも知れません。

しかし、その動物も虫歯になることがあるそうです。

なぜなら、人間の食べ物、つまり砂糖入りの食べ物を食べる機会があるからだとか。

今回の象も、人間の食べ物を食べて虫歯になったのでしょうか?

私も、子供の頃、よく虫歯になって、歯医者に通った記憶があります。

しかし、大人になってから、ちょっとぐらい歯磨きを忘れてもなんともありませんでした。

どうも、大人は虫歯になりにくいのかな?

これも、記憶だよりの情報ですが・・・

口の中にも、いろいろな菌がいるそうです。

その中のひとつに、虫歯菌があります。

人間の世界では、権力争いがあります。

そして、口の中にも、菌の権力争いが争いがあるようです。

大人の口の中は、その菌の権力争いがある程度決まっているので、虫歯になりにくいとか。

でも、子供の場合は、まだ未開拓の地。

そのため、一気に虫歯菌の勢力が伸びて、虫歯になりやすいそうです。

なんか、思い出しながら書いてますが、自分でもちょっと説明が違うような気がします。

だから、興味ある人は、自分で調べてください。

さて、大人になると虫歯になりにくいですが、虫歯にならないわけではありません。

私も油断していて、親知らずが虫歯になりました。

長い間、治療に通いました。

本当に、こんなに治療が必要なのかと思うくらい長かったです。

最近は、歯医者も過剰に増え、競争が激しいとか。

しかし、歯医者を始めるには、お金がかかります。

そのため、治療を伸ばし、お金を稼ぐってこともあるようです。

なんで、私が、治療の日数のことを書いているかというと・・・

この虫歯になった象の、治療時間です。

2時間半だったそうです。

なんで、象なら2時間半で虫歯治療が終わるのに、人間なら何週間もかかるの?

絶対、人間も、その気になれば短時間で治療が終わるのではないでしょうかね~

ゾウの牙に虫歯、インド歯科医が大治療

インドで、牙に虫歯を患っていたゾウに、歯科医師らが大がかりな治療を行った。関係者が26日、語った。

 医師らによると、11月初旬にペットの27歳のオスのゾウが運び込まれた。虫歯で牙が損傷していたという。検査の結果、歯科医3人と獣医らのチームは、ゾウに通常の根管治療を施すことを決定した。

 治療は2時間半に及んだ。

「特大の治療器具や設備、それに虫歯の穴を埋める樹脂も大量に必要だった」と歯科医は語った。

 牙のサイズは長さ50センチほど。穴は深さ6センチにもなった。「人間の場合、穴を埋めるのに使う樹脂は4グラムほど。でもゾウの牙の穴を埋めるには188グラムも必要だったよ」

 牙にドリルで穴を開け、穴に樹脂を詰め込む間、ゾウはとてもおとなしくしていたという。「治療時には麻酔を使わなかったが、ゾウは非常に協力的で、飼い主の言うことに従っていた」と、医師は語った。
ゾウの牙に虫歯、インド歯科医が大治療 国際ニュース : AFPBB News.

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク