すごい?「2カ月でiPhoneアプリ作成」-ブログがはてなブックマークで人気に

ブログの 「言語すら知らなかった私が2カ月でiPhoneアプリをリリースするまでにやった事」ってのが話題だそうです。

ふ〜ん。

2ヶ月か〜

そんなにかかるもんか?

ま〜、まったく経験がなかったら、それぐらいかかるもんかな。

私も、プログラムを作ることがあります。

また、これから作ろうと考えているものもあります。

それは、Visual Basicで作ろうと思っています。

しかし、わたしは、VBはしりません。

まず、VSの試用版をインストール。

次に、VBで”Hello world”みたいなのを作りました。

もちろん、私はVBを知りません。

なぜ?

先ほども書きましたが、VBはしりませんが、他の言語でプログラムを作ります。

最近は、phpやjavascriptです。

プログラミング言語はちがいますが、文法はよくにています。

そのため、知らないVBでも”Hello world”的なものは出来ました。

始めてプログラムにふれたのが、元祖のベーシックです。

この元祖とは、VBにたいしての意味です。

そして、月日は流れ、大人になって、いまのパソコンを買ってC言語をやりました。

そのあとに、C++、つづいて、VC++、そして・・・

と色々やっていくうちに、どれも同じだな〜って感じるようになりました。

こんなことを言うと、言語マニアから、色々言われるかも?

ま〜、私も昔はそんな感じでした。

でも、今では・・・・

プログラム〜、面倒くさいな〜

動けばいいじゃん。

って感じになりました。

趣味と、仕事でプログラムを作るのは違います。

仕事の場合だと、期限が限られます。

また、まわりはプログラムを理解していないので、頑張れば出来るものだと思っているようです。

そんなに簡単なもんじゃないよ〜

もし、私の言っていることがわかる人は、この動画を見て笑えます。

これです。

スパルタ達によるプログラマ職業紹介

さて、私も、iPhoneアプリがどんなものか、きになります。

そこで、作り方を調べてみました。

わたしなら、何日で出来るか?

調べた結果、私には無理だとわかりました。

なぜ?

難しい?

いえ、金銭面です。

そして、プライドかな?

というのは・・・

iPhone/iPadアプリを作るのに、必要なものは?
Mac端末
http://www.atmarkit.co.jp/fwcr/design/tool/iphonesdk01/01.html

私は、マックが嫌いです。

ほとんどの人が、windowsなのにあえて、マックを使う理由がわかりません。

変わり者か、ひねくれものにしか思えません。

ま〜、たしかに、マックは優れているっていわれていたことも昔ありました。

でも、それは昔のはなし。

最近では、cpuすらwindowsと同じものだったのでは?

あんまり興味ないので、間違っているかも。

何て書いていますが・・・

そういえば、いまつかっているOSは、linuxです。

これも人に言わせれば、変わり者かも。

でも〜、仕方ないのです。

だって、このパソコンでwindows を起動させると、使えるまで30分以上かかるもん。

さて、話はiPhoneアプリの話でしたね〜

それ以前に、私は、iPhoneを持っていません。

これでは、アプリを作っても試せないな〜

ちなみに、携帯電話も持っていませんけど。

「2カ月でiPhoneアプリ作成」-ブログがはてなブックマークで人気に

「言語すら知らなかった私が2カ月でiPhoneアプリをリリースするまでにやった事」と題したブログがはてなブックマークの週間ランキング(11月20日~26日)でトップとなり、現在でも話題を呼んでいる。

同エントリーでは、それまでiPhoneのプログラミングを一切知らなかった著者が、独学でプログラミングを学び、開始から2カ月でリリースを行ったコツを披露している。同エントリーはツイッターやはてなブックマークで話題を呼び、ツイッターでは12月3日現在で1,100を超えるツイートがあり、 2,700を越すユーザーがブックマークしている。

このエントリーの著者で、現在個人でウェブサイトの開発・デザインを行っているのが又吉れいさん。現在27歳の青年だ。葛飾区四つ木の出身で高校卒業後にアメリカに留学。大学留学中の夢は「アメリカで働きたいと思っていた。コンピューターについては『オタクがやるもの』と思っていて触ったこともなかった」と話す。

留学中に大病を患い、帰国を余儀なくされた又吉さん。闘病生活は1年以上になり、闘病中「自宅のベッドでもできる仕事をしたいと考えた」結果、ウェブの世界で起業することを決意。全て独学でPHPやHTMLを学んだ。

起業後は知り合いのつてやツイッター経由で仕事を受注していたが「特別営業がいない自分にとって、ブログなどでしかアピールする場所がない」(又吉さん)とブログ内でセルフブランディングを敢行。「見てもらえるブログのエントリーを考え、戦略的に書いていった」と話す。

又吉さんのブログ内には、前述のエントリー以外にも「すべてのMacユーザーに贈る便利でしかも無料なMacのアプリ100個紹介」「非ネイティブの英語術 年齢不問 1500語だけで話せるグロービッシュのすゝめ」など、2,000を超えるユーザーがブックマークするエントリーがある。又吉さんは「書くからには見てもらいたい。いくつかのポイントを押さえて、読んでもらえるような情報を公開している。カして情報は出し惜しみしない」とも。

今回アプリを開発するきっかけは「自分が数年前に見たプロモーションビデオの中で、指だけで操作するデバイスの姿があった。ウェブではなくその姿をiPhoneで表現したかった」と話す。

今後について、又吉さんは「もっと早いスピードで作ってどんどんリリースをしたい」と意欲をみせる。今後については、「iPhoneのアプリの中には、すごいアプリが多く存在する。自分も世間をあっと言わせる未来のアプリを作りたい」と意欲をみせる。

引用元: 「2カ月でiPhoneアプリ作成」-ブログがはてなブックマークで人気に – 亀有経済新聞.

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク