あの人?熟練のそば打ち披露 諏訪で名人の高橋さん

なにか、面白そうなニュースはないかな〜

ってみていると・・・

「高橋名人、熟練のそば打ち披露」

なる、タイトルがありました。

高橋名人?

あの?

もしや・・・・

人違いでした。

私にとって、高橋名人とは、16連射の高橋名人です。

ま〜、今となっては、16連射すらわからない人も多いでしょうね。

何の事かと言いますと・・・

むか〜し、むかしの事です。

巷では、ファミリーコンピューターなるものが流行りました。

いわゆる、ファミコン。

そりゃー、すごいブームです。

当時小学生私も、そのファミコンとやらに憧れました。

ファミコンが欲しくて、親にねだったくらいです。

親も、最後には根負けして、買ってくれることに。

でも、どこを探してもうっていません。

田舎のおもちゃ屋にも行きました。

そこでも売りきれ。

で、どうしたか?

ま〜、ファミコンでゲームがしたかったので、ゲームが出来ればなんでもいい。

そこで、MSXなるパソコンを買ってもらいました。

まさか、それがきっかけで、いまのネットの仕事をしていると思うと、世の中不思議なものです。

だって、あの頃、こんな時代が来るなんてまったくおもわなかったもん。

さて、私たち子供の話題といえば、ファミコンばかり。

そんな話題の中に、高橋名人なる名前が出て来るようになりました。

その時に流行っていたゲームは、シューティングゲームだったと思います。

名前は覚えていませんが、ゼビウスみたいなものでしょう。

シューティングゲームとは、インベーダーゲームみたいに、ひたすらミサイルを射つゲームです。

高橋名人は、そのシューティングゲームで、1秒間に16発打つことが出来るとか。

つまり、1秒間に、ボタンを16回押すことが出来るそうです。

今、改めて思うと、ほんとかな〜って思いますが、当時の私はまったく疑いませんでした。

そして、みんなが高橋名人にあこがれて、連射に励みました。

そうするうちに、クラスでも16連射が出来ると豪語する奴が出てきました。

そりゃ〜、クラスでも尊敬の眼差しです。

どんだけ憧れたことか、16連射に。

その高橋名人の話題かと思ったのですが、人違いでした。

さて、その憧れの16連射ですが、その後、ゲームのコントローラーに連射機能がついた物が売り出されていた記憶があります。

スイッチを、連射にきりかえ、ボタンを押すと自動的に連射出来ます。

何と有り難味のないことか。

私は、ファミコンを持っていなかったので、その連射機能がどのようなほどかしりません。

知っている人がいたら教えてほしいです。

でも、その存在自体知っている人がいるかどうか・・・

あの頃がなつかしいです。

熟練のそば打ち披露 諏訪で名人の高橋さん

 「高橋名人」の名で知られるそば打ち界の第一人者、高橋邦弘さん(65)=広島県在住=が11日、諏訪市の健康生活提案型複合施設「くらすわ」でそば会を開き、一般の参加者に熟練の技を披露した。

 「自分がうまいと思ったそばをつくる。客の好みに合わせることはない」とこだわりを語った高橋名人。参加者らはそば粉をこね、麺棒でのし、切る職人技を堪能し、提供された盛りそばに舌鼓を打っていた。同市の松枝秀治さん(75)は「独特ののど越しが最高です」と笑顔で話した。

 そば職人、片倉康雄氏(1904−95年)から学んだ高橋名人は現在、広島県北広島町で開業中。後進の指導に尽力している。2008年北海道洞爺湖サミットでVIPにそばを振る舞ったことでも知られる。

 今回のそば会は、同施設を運営する養命酒製造が長年、高橋名人のそばつゆ用本みりんを提供してきた縁で実現。北原諭・ショップ支配人は「そばどころの信州人を満足させる味を提供したかった」と企画意図を語った。

 そば会は12日と1月15、16日も開催する。参加には予約が必要。問い合わせはくらすわ=電0266(52)9630=へ。

中日新聞:熟練のそば打ち披露 諏訪で名人の高橋さん:長野(CHUNICHI Web).

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク