つっこみたい?セーラー万年筆が創立100周年記念に105万円万年筆

セーラー万年筆が、創立100周年記念に105万円万年筆を販売するそうです。

あ〜、いいたい。

もちろん、消費税って分かってるけど。

創立100周年記念なら、価格は100万円だろ〜

そんなめでたいものに、消費税まできっちり取るなよ〜

ま〜、私には関係無い話ですけど。

だって、たかが万年筆に105万もだせるか〜

私には、100円均一の10本セットのボールペンで充分です。

実は、私も万年筆に憧れたことがあります。

とはいえ、万年筆は安くありませんでした。

それでも欲しくて探すと、1000円ぐらいの万年筆が売っていました。

今思えば、たかが1000円ですが、学生時代の1000円です。

今の私の経済状況に換算すると・・・・

今でも、1000円といえば、かなり高額だな〜

進歩の無い私がかなしいよ。

それはさておき、その1000円の万年筆をお小遣いで買いました。

そして、すぐにペン先を潰してしまいました。

なぜなら、私は、鉛筆などを持つとき、かなり力を入れてもってしまいます。

そのため、シャーペンなど、すぐに芯をポキポキやってしまいます。

だから、ボールペンが一番。

そのボールペンですが、買うのは極細を買います。

なぜなら、そのボールペンも力を入れてかいてしまいます。

ボールペンが新しいうちは、文字が細くて弱々しいのですが、力を入れてかいているうちにすぐに線が太くなります。

そんな状態だから、私の指にはペンだこがあります。

改めて、ペンだこをみると、大分小さくなっているように見えます。

なぜなら、パソコンのおかげでペンを持つ機会が減ったからです。

いや〜、良い時代になったな〜

だって、パソコンで文字を入力する文には、文字の下手なんてきにしなくてもいいもの。

ちなみに、私は、1年前ぐらいからボールペン字の練習をしています。

その結果は・・・・聞かないで。

人間、得手不得手があります。

ちなみに、私の得意なものは・・・・何だろう。

どこまでもネガティブな私です。

セーラー万年筆が創立100周年記念に105万円万年筆

セーラー万年筆が創業100年記念に発売する万年筆「島桑」のセット

セーラー万年筆は24日、創立100周年を記念し、105万円の万年筆「有田焼-染付桐鳳凰(ほうおう)-」を限定100本で創立記念日の5月27日に発売すると発表した。大型文具店や大手百貨店で販売される。

400年の歴史を誇る有田焼の名窯、香蘭社(佐賀県)との協業で、明治後期に香蘭社が大正天皇への献上品にデザインした「桐鳳凰」が描画されている。ふたと胴は有田焼で、ペン先は21金で24金メッキ仕上げ。シリアルナンバーが入り。会津塗のオリジナルパッケージに、有田焼のボトルインク、ペントレー、ペーパーウエートなどがセットになっている。

また、国産最高級の銘木「島桑」を使った記念万年筆も限定1000本で販売する。島桑の木目の美しさを最大限に引き立て、深いツヤが出るまで磨いた吹き漆仕上げで、価格は15万7500円。

セーラー万年筆が創立100周年記念に105万円万年筆 – SankeiBiz(サンケイビズ).

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク